F1ニュース

2017.11.24

F1アブダビGP FP1:ベッテルがトップタイム、マクラーレン・ホンダは7・8番手の好発進


 2017年シーズン最終戦アブダビGPの初日フリー走行が、午後1時から始まった。快晴、気温27℃、路面温度43℃のコンディション。フォースインディアからジョージ・ラッセル、ハースからアントニオ・ジョビナッツィが参加した。真っ先に出て行ったキミ・ライコネンのマシンには、リヤ翼端板の両端に高く聳え立つピトー管、リヤタイヤの背後にも巨大な気流センサーが取り付けられている。 

 アブダビGPは予選、レースともに、日没のタイミングで行われる。それもあって、大部分のチームが炎天下の走行を1~2周に控える中、メルセデスの2台だけは最初から積極的に周回を重ねた。開始後15分で、この二人だけが8~9周を走り、ソフトタイヤのルイス・ハミルトンが暫定トップに立っている。

 開始後30分の時点では、空力センサーを取り外したライコネンがウルトラソフトで1分40秒638の最速タイムをマーク。同じタイヤを履くダニエル・リカルドが、コンマ3秒差で続いている。ライコネンはその後もタイムを伸ばし、唯一1分39秒台に突入。セバスチャン・ベッテルもウルトラソフトで2番手タイムを出したが、コンマ85秒差がついている。

 しかしハミルトンがウルトラソフトを履くと、あっさり1分39秒126を叩き出す。昨年、自身の記録したFP1最速タイムを、すでに3秒7縮めるものだ。バルテリ・ボッタスが、コンマ6秒差。ライコネン、ベッテルのフェラーリ勢が続き、セルジオ・ペレスがマックス・フェルスタッペンとリカルドの間に割って入っている。

 8番手はストフェル・バンドーン。一方フェルナンド・アロンソは、開始後1時間経ってもフィニッシュラインを通過せず、最下位に留まっている。それでも新品ウルトラソフトを履くと、ハミルトンから1秒8落ちの10番手タイムを記録。さらに13周目には自己ベストをコンマ5秒縮め、7番手に付けた。バンドーンもコンマ04秒の僅差で、8番手だ。

 チェッカー20分前、ベッテルが1分39秒006のタイムでトップに立った。コンマ12秒差でハミルトン、さらにコンマ028秒遅れでフェルスタッペン。フェラーリ、メルセデス、レッドブルのトップ3が1台ずつ並んだ。

 終了9分前にはロマン・グロジャンがターン19でスピン。後ろ向きでタイヤバリアに突っ込んだが、大きなダメージもなく自力でピットに向かった。その後は大きな順位変動もなく、セッション終了。リカルドはチームメイトから1秒6落ちの10番手。ルノー勢もカルロス・サインツJr.15番手、ニコ・ヒュルケンベルグ17番手に留まった。

 このセッション最下位のトロロッソのブレンドン・ハートリーは、MGU-Hの交換で少なくとも10グリッド降格ペナルティが確定。これでアメリカGPのデビュー戦以来、4戦連続のペナルティとなった。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

SUZUKI/2019TAS
羽瀬萌(はせめぐむ)

Photo Ranking

フォトランキング