F1 ニュース

2017.12.04

ホンダF1長谷川総責任者「マクラーレンとの3年間を誇りに思う」2017年のパワーユニット大変更に後悔なし


F1 | ホンダF1長谷川総責任者「マクラーレンとの3年間を誇りに思う」2017年のパワーユニット大変更に後悔なし

 ホンダF1プロジェクト総責任者である長谷川祐介氏が、3年間にわたるマクラーレンとのパートナーシップを振り返り、思うような結果は出せなかったが、自分たちの仕事については誇りに思うと語った。

 2015年にホンダはマクラーレンのパワーユニットパートナーとしてF1に復帰、1988年から1992年に成功を収めたペアは手を携えてF1のトップの位置を目指した。しかし期待したような結果を出せないまま、両者は2017年をもって契約を終了することを決めた。

 長谷川総責任者は、この3年間を振り返り、競争力は他のマニュファクチャラーに届かなかったものの、あきらめることなく開発に取り組み、成し遂げてきたことを誇りに思うと語った。

「確かに厳しい3年でした」と長谷川氏はホンダF1公式サイトのインタビューにおいて語った。
「ホンダは他のマニュファクチャラーに比べて、開発を始めるのがかなり遅かったので、大きなディスアドバンテージを抱えてのスタートとなりました。開発面から見れば、我々は非常にいい仕事をしたと言えますが、競争力という点で見れば、我々が遅れをとっていることは明らかでした」

「それでも、我々が成し遂げたことを誇りに思います。我々は前進し続け、決してあきらめずに、開発を続けてきました。この3年間、常にできる限りのスピードで走り続けてきました。しかし、F1はレースでありスポーツです。傍から見れば、我々が結果を残せなかったことは事実ですし、そのことは非常に残念です。その事実は受け入れなくてはいけません」


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

チームマッハ マッハ車検 GAL
杉本夏陽(すぎもとなつひ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング