F1ニュース

2017.12.15

レッドブルF1のニューウェイ、“醜い”ハロに複雑な思い「自分の中のアーティストが許せずにいる」


F1 | レッドブルF1のニューウェイ、“醜い”ハロに複雑な思い「自分の中のアーティストが許せずにいる」

 F1マシン設計における第一人者、エイドリアン・ニューウェイは、コクピット保護デバイス“ハロ”導入に関し、ドライバーの安全性が高まることは歓迎すべきだが、自分のなかの“アーティスト”がその外観を許せずにいると語った。

 現在レッドブル・レーシングのデザイナーであり、これまで何台もの優れたマシンをウイリアムズ、マクラーレン、レッドブルのためにデザインし、成功をもたらしてきたニューウェイは、安全性を向上するものは何であっても全面的に支持すると述べている。

 それでも2018年からF1で義務化されるハロの外見には心底がっかりしているようだ。

「ハロに関しては複雑な思いがあると認めなければならない」とニューウェイは今週行われたFacebookライブセッションでSky Sports F1に対して語った。

「一方ではクルマをより安全にできることは何であっても良いことだと感じている」

「誰かが重傷を負ったり、亡くなるのは恐ろしいことだ。3年前にジャスティン・ウィルソンの葬儀に参列し、残された家族の顔に刻まれた悲しみを見るのはやりきれなかった」

「だからクルマをより安全にすることに役立つのなら、それは称賛されるべきだ」

「ただ、私の中のエンジニアの一面が、ハロはただ不格好で醜いとしか思えないと言うのだ。ハロよりも何か良い手立てがあるはずだと感じている」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

シンリョウレーシングRQ
近藤みき(こんどうみき)

F1 Photo Ranking

フォトランキング