F1 ニュース

2018.02.23

フェラーリF1の2018年型『SF71H』:ロングホイールベースで王者メルセデスに挑む。25日にシェイクダウンへ


F1 | フェラーリF1の2018年型『SF71H』:ロングホイールベースで王者メルセデスに挑む。25日にシェイクダウンへ

 スクーデリア・フェラーリは、2018年のF1マシン『SF71H』を22日、正式に発表した。ニューマシンは昨年のデザインを進化させたものであるが、ホイールベースを多少長くしたとフェラーリは明かした。

 本拠マラネロで開催された発表会にはフェラーリ会長セルジオ・マルキオンネ、チーム代表マウリツィオ・アリバベーネ、テクニカルディレクターのマッティア・ビノット、レースドライバーのセバスチャン・ベッテルおよびキミ・ライコネン、新たに開発ドライバーに起用されたダニール・クビアト、ジュニアドライバーのアントニオ・ジョビナッツィらが出席、司会をマルク・ジェネが務めた。

『SF71H』と名付けられたニューマシンは、サンタンデールのスポンサー撤退により、ホワイトの部分が大幅に減り、小さく残ったシャークフィンのイタリアカラーとサイドのグレーを除くと全体的にレッドに彩られている。

 2018年型はかねてから予想されていたとおり、昨年のメルセデスにならう形でホイールベースが長めになっている。また、空力面の改善とサスペンションのアップグレードに重点が置かれたということだ。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

チームマッハ マッハ車検 GAL
杉本夏陽(すぎもとなつひ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング