F1ニュース

2018.03.17

トロロッソ・ホンダが初来日。ファンからの質問でまさかのサプライズプレゼント


F1 | トロロッソ・ホンダが初来日。ファンからの質問でまさかのサプライズプレゼント

 ホンダがトロロッソとパートナーを組んで、レッドブル・トロロッソ・ホンダとして初めて日本のファンに向けて企画したイベント『Red Bull Toro Rosso Honda DAY in TOKYO』が、2018年の開幕戦オーストラリアGPを翌週に控えた3月17日、東京・港区の六本木ヒルズアリーナで開催された。

 午後2時にスタートしたイベントは、まずワダポリスがMCを務め、BMXフリースタイルで活躍する高木聖雄、西昂世、中村輪夢、大西勘弥やMTBフリースタイルで活躍する永井秀夫によるパフォーマンスで軽快にスタート。その後、FOUND NATIONによるブレイクダンスが披露されると、会場に集まった約2500人の観客のボルテージもヒートアップしていき、午後3時からメインセレモニーが開始された。

イベントで行われたBMXフリースタイルのパフォーマンス
イベントで行われたBMXフリースタイルのパフォーマンス
FOUND NATIONによるダンスパフォーマンス
FOUND NATIONによるダンスパフォーマンス

 まず登場したのはトロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレー。MCを務めるサッシャからBMXなどのパフォーマンスについて尋ねられたガスリーは「スゴイね~」と挨拶がわりに日本語を披露すると、ハートレーも「じつは僕はBMXの大ファンなんだ。何度もフラントフリップに挑戦する彼らは本当のアスリートだ」とイベントの前半を盛り上げたアスリートやパフォーマーたちを称えていた。

ピエール・ガスリー
ピエール・ガスリー

 その後、司会を務めるサッシャから今シーズンの抱負を尋ねられたガスリーは「中団グループの戦いはかなりタイトで激しいけど、テストは調子が良かったように、このクルマにはポテンシャルはある。それに僕たちには、ホンダとともにシーズンを通して開発していくので、クルマを成熟させていければ、いい戦いができると思っている」とコメント。

ブレンドン・ハートレー
ブレンドン・ハートレー

 ハートレーも「テストの前にファエンツァのファクトリーに行ったときから、とてもポジティブな気持ちを持っていた。合同テストが始まって、最初にコースに出てったのは僕たちだったしね。テストでは信頼性の問題は起きなかったけど、これは最低限の目標。これからパフォーマンスをもっと上げていかなければならない。僕はもっと高い目標を設定をしている。簡単なことではないと思うけど、チャレンジしていくよ」と、初のフル参戦へ意気込みを語った。

 その後、トークショーにはトロロッソのフランツ・トスト(チーム代表)とホンダ山本雅史モータースポーツ部長も加わり、トロロッソ・ホンダという新しいパートナーシップについてという話題に移っていく。


F1 News Ranking

    本日のレースクイーン

    尾林ファクトリー/2019TAS
    増田みずき(ますだみずき)

    F1 Photo Ranking

    フォトランキング