F1ニュース

2018.03.21

【特別インタビュー】トロロッソ技術責任者ジェームス・キー(3)ホンダとの記憶とアプローチ、シーズン開幕に向けて


 ホンダにとって新しいパートナーチームとなるトロロッソ。その技術部門のトップでテクニカル・ディレクターを務めるのがジェームス・キーだ。現場レベルでのホンダとの開発作業はどのように進んでいるのか。最終回はジェームス・キーとホンダのプライベートな関係、そしていよいよ始まる2018年シーズンの展望について聞いた。

──あなたはF1キャリアをスタートさせたころ、ホンダと仕事をしていましたね。16年前にあなたが見てきたホンダと、今の『新しいホンダ』や新しい人員たちに共通するものは何ですか?

「初めてホンダを訪問したときに、何人かの知った顔を見ることができたのは本当に良かった。あれは初回のミーティングのときだったと思う。すべてが決まった数日後に行われた、実質的な初めてのミーティングに参加するためにミルトンキーズンを初訪問したとき、すぐに見知った顔が現れて『また会ったね』と声をかけてきた。久しく会っていなかった元同僚たちと再開できたことは、本当に良かった。つまり随分前に共に仕事をしてきた人たちが、個人レベルで今も継続的に取り組んでいるということだ」

「技術面やレギュレーション以外でのアプローチはとても似通っていると思う。今でも熱心で野心あふれるエンジニアが多くいて、彼らは上手くやりたいと願っている。とても思いやりがあって一緒に仕事がしやすく、同時に自分たちの立場や、彼らの抱える問題点や、次に何をすればいいのかということについてもオープンな姿勢でいてくれる。私にとっても慣れ親しんだ職場環境であり、何年も前に楽しく仕事にあたっていた環境だ。ホンダの同僚たちと仕事しているときは常に分かりやすい状況にあったが、それはいまでも同じだ」

──F1でのホンダに関する、最も良い想い出はなんですか?

「ランチの間に、(ナイジェル)マンセルや(アイルトン)セナ、(アラン)プロストなどが現役だったF1の黄金期について話していた。最初はウイリアムズ、その後はマクラーレンと手を組んでいたため、ホンダはその時代に大きな役割を占めていた。この時のことを非常によく覚えているが、マンセルが『ウイリアムズ時代のホンダは、あるシーズンを攻めの姿勢で過ごしていて、エンジン全体を数週間で再設計してコースに持ち込んだ』などと話していたことが、どこまで本当なのかは知らない。その話については日本人にだけができることだと、いつも感心している」

「自分が仕事をしている時代よりも前のF1に関しては詳しくないけれど、フェラーリやロータスといったヨーロッパの有名どころがいて、ホンダもそこに名を連ねていた。彼らがどれだけ遠くから参戦しているかを考えたら、非常に感銘を受けたよ。本田(総一郎)さんは『F1をやるぞ』と言ってF1マシンを作り上げてしまった。それは素晴らしいことだと思ったし、ホンダはF1黎明期からの歴史の一部分でもある。そのことが常に、私の心に響いているのだ」

──プライベートでホンダ車を所有したことがありますか? もしあるならば、そのクルマはどんな車種でしたか?

「ある。妻と3人の幼い子供がいたから、6人乗りのホンダのFR-V(日本名はエディックス。6人乗りのミニバン)を持っていた。基本的には人を運ぶための車だったけれど、今までに所有してきたクルマのなかでもっとも多用途なクルマだったね。3人の子供のうち、ふたりはまだベビーカーが必要だったので、とても良いクルマだったよ。クルマとの関係という意味では、スポーティというよりもファミリーカーだった」

トロロッソ車体側の開発を務めるテクニカルディレクターのジェームス・キー


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

データシステム/2019TAS
川瀬忍(かわせしのぶ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング