F1ニュース

2018.03.22

F1で初。オーバーテイク促進狙い、オーストラリアGPでDRSゾーンが3カ所に


 2018年のF1オーストラリアGPでは、オーバーテイクを促進するため、F1史上初めてDRSゾーンが3カ所設けられることが決まった。

 DRS(ドラッグリダクションシステム)は、リヤウイングのフラップの角度を変えることで、ドラッグを減らし速度を上げるシステム。計測ポイントで前のマシンとの差が1秒以内だったドライバーは、アクティベーションゾーンでDRSを使用することが許されており、それをオーバーテイクのために活用することができる。

 2011年に導入されて以来、DRSゾーンは1カ所か2カ所に定められてきたが、今年のアルバートパークでは、さらなるオーバーテイク増加を期待し、FIAがこれを3カ所に増やすことを決めた。

 ターン14手前の計測ポイントとターン16後およびターン2後のアクティベーションゾーンは昨年同様で、ターン11手前の計測ポイントとターン12の後のアクティベーションゾーンが今回加えられた。
 
 アルバートパークはオーバーテイクが非常に困難なサーキットとして知られている。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES/2019TAS
久保まい(くぼまい)

Photo Ranking

フォトランキング