F1 ニュース

2018.03.23

F1オーストラリアGP FP1:トロロッソ・ホンダのガスリーが11番手、脆いが速いマクラーレンのアロンソは8番手


F1 | F1オーストラリアGP FP1:トロロッソ・ホンダのガスリーが11番手、脆いが速いマクラーレンのアロンソは8番手

 開幕戦オーストラリアGPの初日は快晴。正午からのFP1は、気温25℃、路面温度38℃、微風と、絶好のコンディションで始まった。真っ先に出て行ったのは、五冠を狙うセバスチャン・ベッテル。冬のテストで速さを見せたハースのロマン・グロージャンが続いた。メルセデスの2台は、他の18台がチェック走行から戻ってきたタイミングで、最後にコースインした。 

 今季のF1の大きな変更点は、ドライタイヤが5種類から7種類に増え、各コンパウンドが去年よりさらに柔らかくなったこと。そして頭部保護デバイスの『ハロ』が装着されたことだ。そのため車重はさらに増え、空力面でも邪魔な存在。何よりドライバーのヘルメットが、いっそう見えにくくなってしまった。

 開始20分過ぎ。大部分のマシンがウルトラソフトを履く中、ソフトを3セット選択したフェラーリの2台だけは、ソフトで周回を続ける。マックス・フェルスタッペンが1分24秒台に一番乗りして首位に。ダニエル・リカルドもコンマ13秒差で続き、下馬評通りレッドブルが速さを見せている。しかし35分過ぎ、ハミルトンが100分の2秒差でトップに立った。

 中団勢で注目チームのひとつマクラーレンの2台だけは、チェック走行後ガレージにこもったまま。アロンソはコクピットを出て険しい表情でマシンを凝視しており、明らかにトラブルが起きているようだ。一方トロロッソ・ホンダの2台は、ピエール・ガスリーがスーパーソフトで15番手。ブレンドン・ハートレーはソフトで16番手に付けている。

 ウルトラソフトに履き替えたグロージャンは、ターン13ではみ出しパーツを飛ばしたりしたものの、3強6台に次ぐ7番手タイムをマーク。そしてコンマ17秒差の8番手には、セッション終盤にコースインしたアロンソが付けた。

F1オーストラリアGP:マクラーレン

 マシンはエキゾーストに問題を抱えていたようだが、スーパーソフトで周回を重ね、コンスタントにタイムを短縮。走れさえすれば速さはあることを、冬のバルセロナテストに続いて証明した。ストフェル・バンドーンも深刻なドライバビリティ不足を訴えていたが、ソフトタイヤで10番手まで順位を上げた。

 今季最初のフリー走行は、ハミルトン、バルテリ・ボッタスのメルセデス勢が1−2。彼らより一段固いスーパーソフトで、フェルスタッペンが3番手。さらに固いソフトを履いたキミ・ライコネンが、4番手に付けた。このセッションだけでは、まだまだ今季の勢力図が判明したとはいいがたい。

 トロロッソ・ホンダは、ガスリーが11番手。ハートレーはトラブルに見舞われたのか15周しか走れず、チームメイトから1秒3落ちの18番手だった。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Moduloプリティ
日比ゆり(ひびゆり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング