F1 ニュース

2018.04.06

F1第2戦バーレーンGP FP1:トップはリカルド。トロロッソ・ホンダのガスリーは7番手タイム


F1 | F1第2戦バーレーンGP FP1:トップはリカルド。トロロッソ・ホンダのガスリーは7番手タイム

 午後2時からのFP1は、気温30℃、路面温度42℃のコンディションで始まった。砂漠地帯だけに天候はもちろん晴天、といいたいところだが、実はバーレーンは意外に雨が降る。初日も午前中にほんのわずかな降雨があった。しかしそれもすぐに止み、湿度36%の乾燥状態。路面は完全ドライだ。 

 開幕戦でオーバーテイクが少ないことが批判されたことを受け、バーレーンではふたつ目のDRSの距離が100m延長された。これによってターン1でのオーバーテイクがより多くなることを狙った措置だが、はたしてどうか。

 開始後5分、周回を始めたばかりのマックス・フェルスタッペンをトラブルが襲う。「クルマが全然加速しない」と訴えると間もなく、マシンは最終コーナーで停止。コクピットを降りたフェルスタッペンは、マーシャルの助けを借りながらピット入口までマシンを押していった。

 今週末の第2戦に、少なからぬチームが改良パーツを持ち込んでいる。中でもマクラーレンは大規模な空力アップデートを投入し、フロービズをかけられたボディワークは蛍光イエローにまみれていた。

 このセッションの2時間前にはF2のフリー走行が行われたが、それでもコース上には絶え間なく砂が運ばれ、路面コンディションは決してよくない。そのせいかランス・ストロール、シャルル・ルクレールが、立て続けにスピンを喫した。

 序盤40分を終えて、ルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタスが1−2。ストフェル・バンドーンが3番手に入り、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーも6番手に付けている。しかし本人は、「トラクションがかからないのが、一番の問題だ」と、不満げなコメントをエンジニアに伝えている。

 開始後56分。ロマン・グロージャンがスーパーソフトで、ハミルトンのタイムを0.016秒しのいでトップに立った。しかしそれもつかの間、キミ・ライコネン、バルテリ・ボッタスらがソフトタイヤで次々に1分31秒台に突入していく。

 終了14分前、ダニエル・リカルドが1分31秒060のトップタイムを叩き出した。これは去年セバスチャン・ベッテルの出したFP1最速タイムを、1秒6以上しのぐものだ。ボッタスがコンマ3秒差、フェラーリのライコネン、ベッテルが続き、ハミルトンは1秒2落ちで5番手にとどまった。

 6番手にはグロージャン。ガスリーは依然としてソフトで、グロージャンにコンマ2秒差の6番手に付けた。ブレンドン・ハートレーは、チームメイトからコンマ7秒落ちの16番手だった。

 とはいえ予選、レースはいずれも日没間近の午後6時に始まり、路面コンディションはFP1のそれとはまったく違う。その意味では午後6時からのFP2の展開を、より注視すべきだろう。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

チームマッハ マッハ車検 GAL
杉本夏陽(すぎもとなつひ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング