F1ニュース

2018.04.09

F1バーレーンGP決勝:ベッテルが開幕2連勝。トロロッソ・ホンダのガスリーは4位の快挙!


 4月8日現地時間18時10分、バーレーンGP決勝が行なわれた。完全に陽が沈んだサヒールは気温28度、路面温度は33度というコンディションでスタートの時を迎えた。 

 予選前のギヤボックス交換でハミルトンは5グリッド降格を科されて9番グリッドからのスタートとなり、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは5番グリッドに繰り上がった。後続ではブレンドン・ハートレーとストフェル・バンドーン、ロマン・グロージャンがスーパーソフトを履き、それ以外はソフトタイヤでスタートに臨んだ。

2018年F1第2戦バーレーンGP決勝 ピエール・ガスリーとケビン・マグヌッセンのバトル

 スタート加速でポールポジションのセバスチャン・ベッテルが首位を守り、3位バルテリ・ボッタスが2位キミ・ライコネンをパスして2位へ浮上。その後方ではガスリーがダニエル・リカルドの前に出るが、ターン4でリカルドが順位を取り戻す。ターン4ではハートレーがセルジオ・ペレスをプッシュしてしまい、ペレスはスピンして最後尾へ。ハートレーは僅かにダメージを負うが空力バランスがやや後ろ寄りになったくらいで大きな痛手は負っていない。

 2周目のターン1ではマックス・フェルスタッペンがハミルトンのインを突くが、前方にはフェルナンド・アロンソがいて行き場がなくなり両者は接触。フェルスタッペンは左リヤタイヤのホイールが壊れてエアが抜け、スロー走行でピットに戻りコース復帰するがダメージのためリタイアを余儀なくされた。それと同時にリカルドがコース上にストップし、VSCが導入される。

 4周目にVSCが解除されると、ケビン・マグヌッセンがガスリーにターン11で襲いかかるが接触してコースオフ。続くターン1でも仕掛けるがガスリーは巧みにポジションを守り切った。後方からはハミルトンが怒濤の追い上げでこの2台を抜き去っていき、順位は1位ベッテル、2位ボッタス、3位ライコネン、4位ハミルトンのトップ4。6位マグヌッセン、7位ニコ・ヒュルケンベルグ、8位アロンソがテールトゥノーズのバトルとなり、5位ガスリーは単独走行となった。10位を走るハートレーには1周目の接触に対して10秒加算ペナルティが科された。ペレス、シャルル・ルクレールらは早々にピットインしミディアムに換えて最後まで走り切る戦略に出た。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES/2019TAS
久保まい(くぼまい)

Photo Ranking

フォトランキング