F1ニュース

2018.04.14

【タイム結果】F1第3戦中国GP フリー走行3回目/リカルドがエンジンブロー。トップタイムはベッテルがマーク


 2018年F1第3戦中国GPのフリー走行3回目が4月14日の現地時間11時から開催された。気温は12度、路面温度14度という肌寒いコンディション。昨日の夜まで降っていた雨は上がり、路面はドライでセッションは開始された。

 開始直後から多くのドライバーが積極的に走行を重ねる。開始10分すぎ、キミ・ライコネンがウルトラソフトタイヤで1分34秒794でタイムシートのトップに立った。

 開始15分時点、セバスチャン・ベッテルがウルトラソフトで1分33秒689をマークし、フェラーリが1-2体制を築く。

 セッションが中盤に差し掛かるとメルセデス勢はソフトタイヤでタイムを刻みはじめる。バルテリ・ボッタスが2番手、ルイス・ハミルトンが4番手につけ、トップ4にフェラーリとメルセデスが入り乱れる形となった。

 その直後、ハミルトンが10コーナーでコースオフ、濡れた芝生に乗りスピンするも、幸い大事にはいたらずそのまま走行を続けている。

 セッションが折り返しをすぎたとき、ロマン・グロージャンのマシンの右リヤブレーキから発火し、ピットに押し戻される。すると今度はダニエル・リカルドのマシンが白煙を上げ、マシンをストップ。リカルドはマシンを降りてしまった。

2018年F1第3戦中国GP フリー走行3回目でエンジンブローしたダニエル・リカルド

 残り16分、ベッテルは新品のウルトラソフトタイヤを投入し再度アタックを敢行。ここでベッテル記録した1分33秒018がセッション最速ラップとなった。

 2番手にはライコネン、3番手にはボッタスがつけた。マックス・フェルスタッペンが4番手、ハミルトンが5番手となり、フェラーリ勢とメルセデス勢の間にレッドブルが割って入った。

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは16番手、ブレンドン・ハートレーは14番手につけている。

■F1第3戦中国GP フリー走行3回目結果

Pos.No.DriverTeamTimeLaps
15S.ベッテルフェラーリ1’33.01814
27K.ライコネンフェラーリ1’33.46921
377V.ボッタスメルセデス1’33.76116
433M.フェルスタッペンレッドブル1’33.96914
544L.ハミルトンメルセデス1’34.05714
620K.マグヌッセンハース1’34.32925
711S.ペレスフォース・インディア1’34.44514
831E.オコンフォース・インディア1’34.45616
955C.サインツJr.ルノー1’34.58220
1035S.シロトキンウイリアムズ1’34.74113
1127N.ヒュルケンベルグルノー1’34.84116
1214F.アロンソマクラーレン1’34.85113
132S.バンドーンマクラーレン1’34.97716
1428B.ハートレートロロッソ1’34.99120
153D.リカルドレッドブル1’35.0614
1610P.ガスリートロロッソ1’35.07916
1718L.ストロールウイリアムズ1’35.37516
1816C.ルクレールザウバー1’35.49714
199M.エリクソンザウバー1’35.67913
208R.グロージャンハース1’35.7566

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

2018D’stationフレッシュエンジェルズ/2018SGT
宮本りお(みやもとりお)

Photo Ranking

フォトランキング