F1ニュース

2018.04.15

F1第3戦中国GP 決勝:戦略的中のリカルドが大逆転勝利、トロロッソ・ホンダは同士討ちに沈む


F1 | F1第3戦中国GP 決勝:戦略的中のリカルドが大逆転勝利、トロロッソ・ホンダは同士討ちに沈む

 4月15日現地時間14時10分、中国GP決勝が行なわれた。この日は朝から晴天に恵まれ、気温は19度、路面温度は39度まで上がった。Q3進出組では上位2チームがソフト、10番手以下ではミディアムのピエール・ガスリーとウルトラソフトのブレンドン・ハートレーを除いた全車がソフトとはっきりタイヤ選択が分かれた。

 マーカス・エリクソンは予選Q1での黄旗無視で3グリッド降格ペナルティを科されたが、最後尾グリッドのままスタートに臨むことになった。 

 スタート加速は2番グリッドのキミ・ライコネンがまさりポールのセバスチャン・ベッテルに並びかけるが、ベッテルはターン1のアウトから被せて首位を守り、ややバックオフを強いられたライコネンは逆にアウトからバルテリ・ボッタスに2番手を奪われてしまう。後方でさらにマックス・フェルスタッペンもこれに続いて3番手に浮上し、ルイス・ハミルトンはターン9でライコネンのインを狙うが抜けず5番手に留まる。

 その後方はダニエル・リカルド、バックストレートでカルロス・サインツJr.を抜いたニコ・ヒュルケンベルグ、サインツ、ロマン・グロージャン、ケビン・マグヌッセンの順となり、トロロッソ・ホンダ勢はスタートでやや出遅れて15番手セルゲイ・シロトキンを先頭とする集団に引っかかるかたちで18番手ハートレー、19番手ガスリーとなる。

 トロロッソは4周目のバックストレートで2台の順位を入れ換えてガスリーにルクレール攻略の役割を担わせハートレーのタイヤを守るとするが、追い抜きはなかなか果たせない。9番手・10番手のハースも6周目に順位を入れ換える。

 首位ベッテルはじわじわとボッタスを引き離して行き、フェルスタッペンもこの2台には付いていけずライコネン、ハミルトン、リカルドもこれに1.5秒前後のギャップで続く。7番手ヒュルケンベルグは10秒以上離され中団はややばらける。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

GORDON/2019TAS
かりん(様)(かりん(さま))

F1 Photo Ranking

フォトランキング