F1ニュース

2018.04.17

【ブログ】ハロ付きコクピットからの降り方は人それぞれ/F1中国GP現地情報2回目


F1中国GP現地情報第2回、土曜日までとは打って変わって快晴となった決勝日の様子を、ムッシュ柴田氏がお届けしていきます。

——————————————

トロロッソ・ホンダ、中国では最後までいいところがなかったですね。日曜日は暑くなったので、速さが復活するかと思ったのですが。

こちらが土曜日夜。今週末は約3.5km離れたホテルからランニング通勤してまして、そろそろ帰ろうかというところです。この時点で、気温10℃ほど。寒かったです~。もう何時間も前にマシンはパルクフェルメに入ってしまってるので、スタッフはとっくに帰って、サーキットはほぼ無人くんでした。

そして翌朝。雲ひとつない快晴です。この時間はまだ、気温は14度ほどでしたけど。

サーキットに向かう途中の並木道では、洗濯物が揺れてました。盗られないのかな…。

まだ他のドライバーは一人も来てない午前8時40分過ぎ、ルイス・ハミルトンが早々にサーキット入りです。

予選の大不振からの挽回を期そうという意気込みの表れだったのか。結果的にはレースでも速さは戻りませんでしたが、セバスチャン・ベッテルがまさかの8位。ベッテルとぶつかったマックス・フェルスタッペンには、さぞ感謝していることでしょう。

2004年の初開催からしばらくは、中国GPはいつもガラガラでした。それが数年前からどんどん観客が増え始め、決勝日になるとグランドスタンドは超満員の盛況です。

おそらくキミ・ライコネンファンの多さは、全21戦中ここが一番かも。オーストラリア国旗も、多かったですね~。偶然ですが今年はこれらの国旗が、表彰台を独占したことになりました。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

TEAM TOYO TIRES DRIFT GALS/2018D1GP
山崎さとみ(やまざきさとみ)

Photo Ranking

フォトランキング