F1ニュース

2018.04.27

F1アゼルバイジャンGP FP1:フェルスタッペンがクラッシュ、ガスリーは9番手スタート


 2018年のF1グランプリ4戦目の舞台は、アゼルバイジャンの首都バクー。今年で3回目の開催だが、今年は過去2年より2カ月早い4月に移動した。

 午後1時からスタートしたフリー走行1回目。気温22℃、路面温度41℃は、昨年より気温で4℃、路面温度で6℃低いコンデションである。

 通常のグランプリではフリー走行1回目は、硬めのタイヤで走り始めるドライバーが多いが、アゼルバイジャンGPのフリー走行1回目はメルセデスがスーパーソフト、フェラーリがウルトラソフト、レッドブルがソフトと、トップ3がまったく異なるコンパウンドを装着している。ちなみに他のチームの走り初めのタイヤ選択は以下の通り。

ソフト→ヒュルケンベルグ、サインツ、ハートレー、ガスリー、シロトキン
スーパーソフト→グロージャン、マグヌッセン、アロンソ、ストロール
ウルトラソフト→ペレス、オコン、エリクソン、ルクレール、バンドーン

 セッション開始から33分が経過したとき、ソフトタイヤでロングランを行なっていたマックス・フェルスタッペンがターン6でスナップオーバーステアを発生させてセーフティバリアへクラッシュ。

2018年F1第4戦アゼルバイジャンGP FP1でクラッシュしたマックス・フェルスタッペンのマシン

 フロントウイングの左側が引きちぎられたフェルスタッペンのマシンはその場でストップ。ここでセッションはバーチャル・セーフティカー(VSC)が出される。

 40分が経過し、タイヤ1セットを返却する時点でのトップは、ソフトを履いたレッドブルの2台で、トップは前戦中国GPで優勝したダニエル・リカルド。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

データシステム/2019TAS
川瀬忍(かわせしのぶ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング