F1ニュース

2018.04.28

【タイム結果】F1第4戦アゼルバイジャンGP フリー走行3回目/ベッテルがトップタイムをマーク


 2018年F1第4戦アゼルバイジャンGPのフリー走行3回目が4月28日の現地時間14時から開催された。気温は23度、路面温度28度、ドライコンディションのなか走行が行われた。 

 マクラーレン、ハース、ザウバーの6台を先頭にコースイン。インスタレーションラップを行っていく。

 まずタイムを計測したのは、昨日のFP2でトップタイムを記録しているダニエル・リカルド。1分46秒147を叩き出した。それを皮切りに各車ウルトラソフトタイヤでタイムを計測。1分43秒642を記録したセバスチャン・ベッテルがトップに立ち、2番手にはキミ・ライコネンがつけ、フェラーリが1-2体制となる。

 風が強くマシンバランスが狂いやすいコンディションで、コースアウトするマシンが続出。そんななか、セッション中盤は各車ロングランペースの確認に時間を費やしていく。

 セッションの後半、各チーム新品のウルトラソフトタイヤを投入してタイムアタックを行う。ベッテルは自身のタイムをさらに縮め、1分43秒091をマーク。ルイス・ハミルトンが0.3秒遅れの2番手につけた。

 残り10分となったところでセルゲイ・シロトキンがターン3でクラッシュ。コース上に立ち往生してしまい、赤旗中断となった。

 残り時間3分となったところでセッション再開となった。終了までにタイムを更新するドライバーは現れず、ベッテルがトップ、ハミルトンが2番手、ライコネンが3番手となった。

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは13番手、ブレンドン・ハートレーは20番手となっている。

■F1第4戦アゼルバイジャンGP フリー走行3回目結果

Pos.No.DriverTeamTimeLaps
15S.ベッテルフェラーリ1’43.09117
244L.ハミルトンメルセデス1’43.45216
37K.ライコネンフェラーリ1’43.49317
433M.フェルスタッペンレッドブル1’43.51917
577V.ボッタスメルセデス1’43.56920
611S.ペレスフォース・インディア1’43.9369
720K.マグヌッセンハース1’43.95811
818L.ストロールウイリアムズ1’44.1238
931E.オコンフォース・インディア1’44.22011
1035S.シロトキンウイリアムズ1’44.5349
1114F.アロンソマクラーレン1’44.76312
123D.リカルドレッドブル1’44.86117
1310P.ガスリートロロッソ1’44.90516
1416C.ルクレールザウバー1’45.21815
158R.グロージャンハース1’45.26112
1655C.サインツJr.ルノー1’45.43215
1727N.ヒュルケンベルグルノー1’45.45611
182S.バンドーンマクラーレン1’45.50513
199M.エリクソンザウバー1’45.91017
2028B.ハートレートロロッソ1’46.18611

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

データシステム/2019TAS
川瀬忍(かわせしのぶ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング