F1ニュース

2018.05.15

F1スペインGPでFP1を担当したクビカ、ウイリアムズFW41のバランスに悩む。「予想以上に困難だった」


 ウイリアムズF1のテスト兼開発ドライバーを務めるロバート・クビカは、カタルニア・サーキットでチームのマシン、FW41に関する意見を求められた際、忌憚なき意見を述べた。

 33歳のクビカにとって、スペインGPでのフリー走行は2011年に起きたラリーでの事故以来、初となるグランプリでの走行だった。

「バルセロナでは、難しいシチュエーションになることだろうと予想していた。FP1は予想よりもかなり困難だった」とクビカは金曜日に語っている。

「バランスが難しく、厳しいセッションだった。予想していた部分もあったが、これほど悪いとは思わなかったよ。僕としては少々ショックだ」とSky Sports F1にも話した。

「あまりにも難しく、いくつかの箇所ではひどく遅く感じたので、マシンをドライビングしていて恥ずかしい気分になった。でもこれ以上できることはなかったんだ」

「午前中の僕らは遅かった。けれども遅いことを抜きにしても、マシンをコース上に留めておくことすら、ほぼ不可能なんだ。ドライバーたちを楽にしてやるためにも、この部分では変更が必要だ」

 しかしクビカは、人生を変えるほどの大怪我からのカムバックを果たす道のりのなかで、少なくとも自身のパフォーマンスについては満足しているという。

「気分は良かった。これほどバランスの難しいマシンに、難しいコンディションで乗っていて、気分良くいるということは難しいけれどね」

「僕にとっては良いテストだったよ。自分とマシンの限界がどこにあるのかを、理解しなければならないんだ」

「フィードバックを与えるというポジションにいるから、ばかげたことはできない。このコンディションに自分がどう反応したかという点では、満足だ。頼まれたことはできたと思うし、自分が与えたことについても満足しているよ」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

データシステム/2019TAS
川瀬忍(かわせしのぶ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング