F1 ニュース

2018.05.16

トロロッソ・ホンダF1、ラジエターの“単純なトラブル”で半日を失う。2日目に向けテストプラン見直しへ


F1 | トロロッソ・ホンダF1、ラジエターの“単純なトラブル”で半日を失う。2日目に向けテストプラン見直しへ

 F1インシーズンテスト初日、トロロッソ・ホンダは、トラブルにより走行時間を大幅に失い、テストプランの見直しが必要な状況となった。
                        

 バルセロナで15日、16日の2日間にわたって行われる今季初のインシーズンテストに向けて、シャシー側もパワーユニット側も大量のテストプログラムを用意してきた。しかし初日午前のセッション終盤にラジエターに不具合が発生、その影響でパワーユニットにダメージがおよんだ可能性があったため、チームはパワーユニットを交換することを決めた。

 この日を担当したショーン・ゲラエルがコースに復帰できたのは、午後のセッション終盤であり、結局周回数は50周にとどまり、ソフトタイヤで記録した1分21秒935で、13人中12位となった。

「今回のテストにはかなり多くのプログラムを詰め込む形で臨んでいる。さらなる前進を目指してマシンに対する理解を深めるためのプログラムや、新しいパーツの確認などに取り組む予定だ」とトロロッソのチーフレースエンジニア、ジョナサン・エドルズは語った。

「テストドライバーとしてまたショーン・ゲラエルを迎えられてうれしく思う。彼にとってはSTR13を初めて走行する機会となった」

「午前中はいいスタートを切り、エアロマッピングやタイヤへの理解を深めるためのテスト、セットアップ作業などを行った。しかし残念ながら午前のセッションの終盤に、ラジエターに不具合が起こり、その影響で大きなオイル漏れが発生した。そのため、予防的措置で、パワーユニットを交換することを決めた。メカニックたちはマシンをコースに復帰させるために懸命に作業に取り組んでくれた」

「午後にパフォーマンスランを行う予定だったが、結局ショーンは速いラップを走ることができなかった。セッション残り20分の段階で走行を再開し、インスタレーションラップに出ていったが、赤旗に妨げられ、2周のランしかできなかった」
       
「ラジエターのごく単純な問題によって半日を失うことになり、非常に残念だ。おかげでプログラムを予定どおりにこなすことができなかった。今夜テストプランを見直し、明日優先すべきテスト項目を選択する必要がある」  


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

2019RAYBRIGレースクイーン
沢すみれ(さわすみれ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング