F1ニュース

2018.06.24

F1フランスGP予選:メルセデスがフロントロー独占、新鋭ルクレールが8番手の大健闘


2018年F1第8戦フランスGP ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得

 6月23日現地時間午後4時、フランスGP予選が行なわれた。フリー走行3回目では降雨によりほとんど本格的な走行ができなかったポール・リカールだが、セッション後は雨も上がりドライコンディションでの予選開始となった。 

 ブレンドン・ハートレーは金曜のトラブルを受けてパワーユニットを全て交換し、ペナルティにより最後尾グリッドスタートが決まっている。

 開始直後から各車がウルトラソフトの新品でアタックを開始。各車が前方にギャップを築くために最終セクターでは大渋滞が起きるが、各車ともクールダウンラップを挟みながら連続してアタックを続けていく。

 ここでトップに立ったのはルイス・ハミルトンで1分31秒271。これにマックス・フェルスタッペン、キミ・ライコネン、バルテリ・ボッタスと僅差で続き、周回を重ねるほどタイムが縮まっていく状況。中団トップはハース勢で、これにルノー勢、シャルル・ルクレール、トロロッソ・ホンダ勢が僅差で続く。

 残り5分で各車が2回目のランに向かうが、15番手に付けていたセルジオ・ペレスはコースインが遅れる。フォース・インディア勢は最後のラップで12番手と13番手に滑り込んでQ1を突破。

2018年F1第8戦フランスGP 予選Q1落ちを喫したフェルナンド・アロンソ

 これでマクラーレン勢は16番手・18番手、ハートレーは17番手となってウイリアムズ勢とともにQ1敗退となった。ピエール・ガスリーはハース勢とカルロス・サインツJr.に次ぐ10番手のタイムでQ2進出を果たした。

 Q1が終わるところでターン5〜6方面から小雨が降り始め、Q2は開始前からピット出口に並んでグリーンシグナルと同時に一斉にコースインしていく。ここで決勝のスタートタイヤとしてメルセデスAMGとレッドブルの4台がスーパーソフトを履いて1回目のアタックに向かった。

 それでもハミルトンが1分30秒645までタイムを伸ばしてトップに立ち、ウルトラソフトのベッテル2番手、ライコネン3番手とフェラーリ勢が続く。

 2回目のアタックはフェルスタッペン以外の全車がウルトラソフトに履き替えてコースイン。しかし、Q3アタックの練習のみでタイムを記録することなく決勝スタートタイヤはスーパーソフトとした。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

データシステム/2019TAS
川瀬忍(かわせしのぶ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング