F1ニュース

2018.06.25

F1フランスGP決勝:ベッテルの自滅でハミルトン完勝、母国GPのガスリーはリタイア


F1 | F1フランスGP決勝:ベッテルの自滅でハミルトン完勝、母国GPのガスリーはリタイア

 6月24日現地時間午後4時10分、フランスGP決勝が行なわれた。朝から好天に恵まれていたが次第に雲が多くなり、午後5時以降は降水確率が高い予報もある中での決勝スタートとなった。ブレンドン・ハートレーは金曜夜のパワーユニット交換により最後尾グリッドスタートとなり、18番手以下がひとつずつ繰り上がっているが、それ以外に変動はない。 

 上位ではメルセデスAMGとレッドブル、11番手以下ではピエール・ガスリー、マーカス・エリクソン、マクラーレン勢がスーパーソフトを、ニコ・ヒュルケンベルグとセルジオ・ペレスがソフトをスタートタイヤに選んだ。タイヤのデグラデーションは極めて小さく、ドライならば1ストップのレースとなる。

2018年F1第8戦フランスGP バルテリ・ボッタスはパンクにより最後尾へ

 スタート直後のターン1で3番手セバスチャン・ベッテルが2番手バルテリ・ボッタスの左リヤに接触し、ボッタスはスピンしてパンク。ベッテルはフロントウイングにダメージを負ってともに最後方への後退とピットストップを余儀なくされる。

 これでターン1〜2をショートカットするマシンが多く、後方ではやや混乱した状態のままターン3へアプローチ。ここでインをついたガスリーとアウトから入ってきたオコンが接触し、両者ともにここでリタイアとなった。

 この接触でセーフティカーが導入され、ウイリアムズ勢、フェルナンド・アロンソはピットインをしてソフトタイヤに換え最後まで走り切る作戦に。ボッタスとベッテルも最後尾から同様の作戦をとった。ハートレーも同様の戦略を検討したが、ステイアウトでプランAのまま行く。

 レースは6周目に再開となり、上位は首位ハミルトン、2番手フェルスタッペン、3番手にはカルロス・サインツJr.、4番手ダニエル・リカルド、5番手ケビン・マグヌッセン、6番手シャルル・ルクレールという上位の顔ぶれとなった。後方から追い上げるベッテルはターン4でアロンソに接触しスピンさせてしまう。

ピエール・ガスリーはエステバン・オコンと接触しリタイア

ピエール・ガスリーはエステバン・オコンと接触しリタイア


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES・FLEX/2019TAS
引地裕美(ひきちゆうみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング