F1 ニュース

2018.06.27

ホンダF1、レッドブルとアストンマーチンの契約継続に「何の問題もない」


F1 | ホンダF1、レッドブルとアストンマーチンの契約継続に「何の問題もない」

 2019年からホンダはレッドブル・レーシングにパワーユニットを供給するが、チームがアストンマーチンとのタイトルスポンサー契約を継続することに問題はないと、ホンダのモータースポーツ部長である山本雅史氏が語った。

 イギリスの高級スポーツカーメーカーのアストンマーチンは現在、レッドブルのタイトルスポンサーを務めており、同チームは、ホンダとの提携発表の際に、その声明文のなかで「今後も我々チームは“アストンマーチン・レッドブル・レーシング”の名称でレース活動を行う」と述べていた。

 現在レッドブルはルノーのパワーユニットをタグ・ホイヤー・ブランドで使用している。しかし来季ホンダにスイッチすることで、呼称のなかにふたつの自動車メーカーの名前が含まれることになる。

アストンマーチン・レッドブル・レーシングのロゴ

 これに関し、山本部長は、ホンダとしては全く問題視しなかったと語っている。
「アストンマーチンはスポーツカーメーカーで、我が社で競合するのはNSXだけです」と山本部長はSpeed Weekに対して語った。

「この問題については役員会レベルで協議しましたが、全員が問題ないとの見解です」

「東京本社の近くに新しいカーディーラーがオープンしたのですが、面白いことにそれはアストンマーチンでした。なんという偶然でしょう!」

 アストンマーチンのCEO、アンディ・パーマーも、レッドブルが今年とは異なり、パワーユニットを自動車メーカーの名称で使用することに問題はないとの考えを示し、ホンダとの契約を歓迎する発言を行っている。

「アストンマーチン・レッドブル・レーシングが来年ホンダエンジンを搭載することを喜んでいる」とパーマー。

「個人的には、1980年代にホンダと協力して働いたことがあるので、再び手を携えることができることをうれしく思っている。彼らは素晴らしいエンジニアリング企業であり、我々が表彰台の最上段を目指す上で、助けになるだろう」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

LEON RACING LADY
南真琴(みなみまこと)

F1 Photo Ranking

フォトランキング