F1ニュース

2016.03.18

パワーユニット各社の使用トークン数発表。フェラーリ、7割使い切る


2016年第2回F1合同テスト セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

 FIAは開幕戦を前に各パワーユニットマニュファクチャラーが使った開発トークン数を明らかにした。使用トークン数が最も多かったのはフェラーリ、最も少なかったのはルノーだった。

 レギュレーション変更により、今年はメルセデス、フェラーリ、ルノー、ホンダの4マニュファクチャラーすべてがシーズン終了までに32トークンを使用してパワーユニットの開発を行うことが許されており、使用できるエリアの制限もなくなった。

 FIAの発表によると、フェラーリは開幕前にすでに23トークンを使用、シーズン中の開発には9トークンしか残していない。メルセデスは19、ホンダは18を使ったが、ルノーは7しか使用せず25を残した。

 今年ワークスチームとしてF1に参戦するルノーは、パワーユニットの改善によるタイム向上はすでに0.5秒におよぶと自信を見せている。

 オーストラリアGP前までの各マニュファクチャラーの使用&残りトークン数は以下のとおり。

フェラーリ 23 (残り9)
メルセデス 19 (残り13)
ホンダ 18 (残り14)
ルノー 7 (残り25)


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ/2017SGT
鈴菜(すずな)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

21日(Wed)

22日(Thu)

23日(Fri)

24日(Sat)

フォーミュラV8 3.5 第5戦 アラゴン

EWC 世界耐久選手権 第4戦スロバキアリング8時間耐久レース(スロバキア)

ブランパンGTシリーズ・アジア 第5戦鈴鹿

全日本F3 鈴鹿サーキット

ブランパンGTシリーズ・エンデュランスカップ 第3戦ポール・リカール

25日(Sun)

F2 第4戦アゼルバイジャン

第95回パイクスピーク・ヒルクライム

ブランパンGTシリーズ・アジア 第6戦鈴鹿

インディカー・シリーズ 第10戦ロード・アメリカ

全日本F3 鈴鹿サーキット

MotoGP 第8戦オランダGP

WTCC 第5戦ポルトガル(ビジャレアル)

F1 第8戦アゼルバイジャンGP

26日(Mon)

27日(Tue)