F1ニュース

2018.07.18

【アロンソ密着 F1イギリスGP編】ブーリエ解任劇の裏に見え隠れするアロンソの存在


 2018年からホンダからルノーPUに切り替えたマクラーレン。予選では苦戦しているものの持ち前のレース巧者ぶりを発揮しコンスタントに入賞を続けるフェルナンド・アロンソ。今回はイギリスGPのアロンソのグランプリウイークエンドに密着し、戦いの舞台裏を伝える。 

——————————–

 ここ数週間のフェルナンド・アロンソは、まさに怒涛の日々を送っていた。5月中旬のモナコGP以降、ル・マンのテストデイ、F1カナダGP、再びル・マン24時間に戻って決勝レース、そしてフランス、オーストリア、イギリスのF1グランプリ3連戦と、7週間ぶっ通しでレース漬けだったのである。

 そんな中、ル・マン24時間レースでは、初出場で見事に優勝を果たす。以前から達成にこだわっていた『トリプルクラウン』だが、これでモナコGPとル・マンを制し、残りはインディ500のみとなった。

 ル・マンの勝利後、意気揚々と姿を見せた翌週のフランスGPのパドックでは、口の悪いF1メディアの面々から、「ライバル不在で、トヨタの勝利は走る前から明らかだったんじゃ」と揶揄されると、「ル・マンはあらゆるレースの中でも、もっともドラマが起きやすい。終了間際に涙を飲んだチームが、過去どれほどあったことか。僕らも決して、簡単な勝利じゃなかった」と、猛然と反論した。

 とはいえアロンソ自身はル・マンで勝ったこと、久しぶりに表彰台の真ん中に立ったことを素直に喜び、この質問があった時以外は終始上機嫌だった。

 しかしその上機嫌も、レースの週末が始まるまでだった。フランスGPの予選では今季初のQ1落ち。翌日の決勝レースも16位と散々な結果に終わった。続くオーストリアGPも、予選は何とかQ2に進んだが、14番手が精一杯。予選でフロントウイングを壊したこともあって、レースはピットスタート。それでもサバイバルレースを生き抜いて、本人も「意外だった」という8位入賞を射止めてみせた。

 そして3連戦最後のイギリスGP直前、マクラーレンを激震が見舞う。レーシングディレクターのエリック・ブーリエが、突如更迭されたのだ。公式には自ら辞任したことになっているが、低迷の責任を取らされたことは明らかだった。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

2018 Drift Dreamers/2018D1GP
津田知美(つだともみ)

Photo Ranking

フォトランキング