F1ニュース

2018.08.21

F1技術解説2018年シーズン前半総括(2):気温によって性能が変化する特殊保護材


F1 | F1技術解説2018年シーズン前半総括(2):気温によって性能が変化する特殊保護材

 2018年シーズンは折り返し点を過ぎ、サマーブレイクも終わりに近づいている。後半戦突入を前に、前半戦で撮影した普段あまり見たことのない写真をもとに、各チームのマシンアップデートや、基本的な技術レギュレーションのおさらいをしてみよう。

■ドライバーを保護する衝撃吸収用保護材の基礎知識

 F1技術レギュレーション第14条6項は、ドライバーの頭部を保護するために周囲3カ所に保護材の装着を義務付けている。そして緊急の際には、それらはひとつのパーツとしてコクピットから外れなければならない。

『コンフォールCF42』と呼ばれるこの特殊保護材は、気温の上下によって性能が変化する。そのため気温30℃以上の場合は青色の保護材、それ以下の場合はピンクの保護材を使うと定められている(写真参照)。

 各チームは同じ保護材を、両足の保護にも使っている(写真参照)。使用の際には、コクピット内部に滑り込ませるように装着する。

気温の上下によって性能が変化する特殊保護材


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

CUSCO/2019TAS
亜羽音(あはね)

F1 Photo Ranking

フォトランキング