F1ニュース

2018.08.27

トロロッソ・ホンダF1密着:苦戦の予想を覆し力強い走りを披露したガスリー、ベルギーGPで連続入賞


2018年F1第13戦ベルギーGP決勝 ピエール・ガスリー

「いままで高速サーキットでは苦しい戦いを強いられるケースが少なくなかったですが、今回はストレートでオーバーテイクされることもなく、その点に関しても、ポジティブな結果だったと思います」

 トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが9位入賞を果たしたF1第13戦ベルギーGPのレース後、ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターはそう言って、9位という結果だけでなく、力強い走りを披露したことも高く評価していた。

 2015年から2017年までのマクラーレン・ホンダの3年間は、ベルギーGPで厳しい戦いを強いられてきた。15年はフェルナンド・アロンソ13位、ジェンソン・バトン13位。16年はアロンソが7位に入賞したが、バトンはリタイア。そして、17年はストフェル・バンドーンが14位で、アロンソはリタイアに終わっている。

 今回のガスリーの9位は16年のアロンソの7位に次ぐ好成績。14位に終わったブレンドン・ハートレーも、スタート直後の不運がなければ、十分ポイントを獲得できる走りを披露した。

 レースはスタート直後の1コーナーで多重クラッシュが発生。この混乱をうまくかわしたのが10番手からスタートしていたガスリーだった。ガスリーはスタートでスーパーソフトタイヤを装着し、好ダッシュしていたことがアクシデントを回避できた遠因となった。

2018年F1第13戦ベルギーGP決勝 ブレンドン・ハートレー
2018年F1第13戦ベルギーGP決勝 ブレンドン・ハートレー

 一方、11番手からスタートしたハートレーはソフトタイヤを選択。
「タイヤを2台で分けるにあたっては、ミーティングでいろんな意見が出ましたが、結果的には良かったと思います。ハートレーがソフトにした理由は、彼のセッティングと金曜日のデータからデグラデーションを考慮して決めました。ハートレーから後ろのドライバーが全員ソフトを選択したことを考えれば、間違っていたとは言えません」(田辺TD)

■多重クラッシュの影響を受けたブレンドン・ハートレー


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

TEAM TOYO TIRES DRIFT GALS/2018D1GP
山崎さとみ(やまざきさとみ)

Photo Ranking

フォトランキング