F1ニュース

2018.10.06

ヒュルケンベルグがクラッシュ。ハミルトンがトップにつける/【タイム結果】F1第17戦日本GP FP3


F1 | ヒュルケンベルグがクラッシュ。ハミルトンがトップにつける/【タイム結果】F1第17戦日本GP FP3

 2018年F1第17戦日本GPのフリー走行3回目が10月6日(土)に行われ、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップタイムをマークした。

 曇り空のもと12時から行われたFP3は、気温25度、路面温度27度、強い風が吹くなか、ドライコンディションでスタートした。

 夜に降った雨の影響で路面の一部にはウエットパッチが残っていたが、全車ドライタイヤを装着してコースに入ってく。

 セッション開始直後、フェラーリとメルセデスは新品のスーパーソフトタイヤを装着し積極的にタイム計測を行う。キミ・ライコネンがトップ、セバスチャン・ベッテルが2番手につけたがその直後、コースには雨が落ちてくる。

 雨は次第に強くなり、ドライタイヤでの走行は困難なコンディションになり、全車ピットに戻っていった。

 残り30分、雨が弱まってきたタイミングでバルテリ・ボッタスがスーパーソフトを装着しコースに入っていった。直後、コースに日差しが差し込み、路面が急速に乾いてくる。そんななか各車新品タイヤを投入してコースイン、予選アタックのシミュレーションを実施する。

 ルイス・ハミルトンは残り10分、スーパーソフトでタイムを更新。1分29秒599でトップに浮上する。

 残り3分、ニコ・ヒュルケンベルグがS字でクラッシュ、リヤを大破させてしまう。赤旗中断となり、そのままセッション終了となった。

 好調ハミルトンがトップ、2番手ベッテル、3番手ライコネンというトップ3オーダーとなっている。

 なお、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーは20番手、ブレンドン・ハートレーは13番手につけた。

■2018年F1第17戦日本GPフリー走行3回目 リザルト

Pos.No.DriverTeamTimeLaps
144L.ハミルトンメルセデス1’29.59913
25S.ベッテルフェラーリ1’29.71514
37K.ライコネンフェラーリ1’30.05413
433M.フェルスタッペンレッドブル1’30.30413
577V.ボッタスメルセデス1’30.42213
63D.リカルドレッドブル1’30.47410
731E.オコンフォース・インディア1’31.08812
811S.ペレスフォース・インディア1’31.48312
955C.サインツJr.ルノー1’31.51314
1020K.マグヌッセンハース1’31.52113
118R.グロージャンハース1’31.63614
1216C.ルクレールザウバー1’31.76014
1328B.ハートレートロロッソ1’32.03013
1418L.ストロールウイリアムズ1’32.20114
1527N.ヒュルケンベルグルノー1’32.22412
169M.エリクソンザウバー1’32.44210
1714F.アロンソマクラーレン1’32.60814
1835S.シロトキンウイリアムズ1’32.63114
192S.バンドーンマクラーレン1’33.03413
2010P.ガスリートロロッソ1’33.10510

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES・FLEX/2019TAS
引地裕美(ひきちゆうみ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング