F1ニュース

2018.10.07

リカルド、予選中のトラブルに怒りの咆哮「もううんざり。大事なレースがまた台無しに」:F1日本GP土曜


 2018年F1日本GPの土曜予選で、レッドブル・レーシングのダニエル・リカルドは15番手に終わった。リカルドはQ2でパワーロスのトラブルに見舞われ、アタックラップを走れないまま予選を終えた。不運が続いているリカルドは、Q2敗退が決まった後、ヘルメットを脱がずにピットレーンを歩きながら大声で叫び、悔しさを爆発させていた。

 チームはスロットルアクチュエーターのトラブルであると述べている。

2018年F1第17戦日本GP ダニエル・リカルド(レッドブル)

■アストンマーチン・レッドブル・レーシング
ダニエル・リカルド 予選=15番手(Q2ノータイム)
 ファストラップをスタートするため、最終シケインに近づいていた時だった。何か異常が起きたのを感じたんだ。フルパワーがなくなり、ターボか何かから異音が聞こえた。ピットに戻り、修理しようとしたが、深刻な状態だったようだ。

 その後、雨が降ってきた。コースに復帰しても、雨が降っていたら、アタックラップに入ることができなかったと思う。そうしたらなおさら辛かっただろう。

 最近本当に運がない。この状況にはもううんざりだ。僕自身はやれることをすべてやっている。100パーセント集中して仕事に取り組んでいる。なのにうまくいかない。早く今の状況が変わることを願うだけだ。今シーズン最後まで、レッドブルのためにできる限りいい仕事をしたいと思っている。だから一戦一戦がとても大事なのに。

 頭にきている。ここでは予選が重要なんだ。でもとにかく決勝でやれる限りのことをやるつもりだ。とはいえ今は本当にがっかりしている。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES・FLEX/2019TAS
藤澤友千菜(ふじさわゆちな)

Photo Ranking

フォトランキング