F1ニュース

2016.09.02

モンツァ最初のセッションはロズベルグ首位、地元決戦のフェラーリが続く


F1 | モンツァ最初のセッションはロズベルグ首位、地元決戦のフェラーリが続く

 F1イタリアGPが開幕、フリー走行1回目が9月2日(金)現地時間10時から行われた。首位は37周を走破したニコ・ロズベルグ。ルイス・ハミルトンが0.203秒差でメルセデスがワンツー体制を築き、キミ・ライコネンとセバスチャン・ベッテルのフェラーリ勢が続いている。

 セッションは気温26度、路面30度のドライコンディションで始まった。序盤トップタイムをマークしたのはハミルトン。コンマ2秒差でニコ・ロズベルグ、以下バルテリ・ボッタス、ジェンソン・バトンが続く。このセッションではバトン、フェルスタッペン、ペレスがコクピット保護システムの「ハロ」を装着。テストタイヤとして、ピレリのプロトタイプも持ち込まれている。

 やがてフォース・インディアのセルジオ・ペレスがメルセデス勢に続く3番手に浮上。ニコ・ヒュルケンベルグに代わってフリー走行1回目を担当するアルフォンソ・セリスも順調に周回を重ねていく。

 20分すぎ、ハースのロマン・グロージャンが4番手に。25分過ぎにはフェルナンド・アロンソが3番手に上がってくる。ここでロズベルグが、ハミルトンのタイムを上回り、トップに。また、ボッタスがアロンソを上回り、ウイリアムズが3番手を奪う。その後、地元フェラーリ勢がベッテル3番手、ライコネン4番手と上位に上がってきた。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Moduloプリティ
山口ミカ(やまぐちみか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング