F1ニュース

2018.10.25

F1 Topic:メルセデスがアメリカGPで失速する原因となった“いくつかの理想的ではない問題”


2018年F1第18戦アメリカGP ルイス・ハミルトン

 F1第18戦アメリカGPでは、キミ・ライコネンの5年ぶりの勝利にパドックが沸いた。しかし、そんなパドックの様子と対照的に、メルセデスのチームスタッフたちの表情は曇っていた。

 もちろん、その理由は事前の予想を裏切り、ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトンが3位に終わり、チームメイトのバルテリ・ボッタスも5位に沈んだからだ。

 今回の敗因で、まず考えられるのは、なぜハミルトンを2回ストップにしたのか、だ。その理由をメルセデスのスポーティングディレクターを務めるロン・メドウは次のように説明する。

「当初は1ストップで行く予定だったが、スタートして間もなく、タイヤが持たないことが判明した。そのタイミングでバーチャルセーフティカー(VSC)が入ったので、(キミ・)ライコネンがステイアウトした場合はピットインしろと指示を出した」

 2ストップに切り替えたハミルトンは、1回多いピットストップのロスタイムを取り戻すために、タイヤ交換後プッシュした。すると今度はブリスターに悩まされることになる。じつはレース日になって、ピレリから最低内圧を1.5psi上げるようにという指示書がFIA経由で出されていた。

 これにより、「タイヤの接地面の形状が膨らんで丸みを帯び、結果的にタイヤ中央が異常発熱を起こしてブリスターが出てしまった」とメドウは分析している。

 ただし、ハミルトンは「最低内圧の変更は、それほど大きなファクターではなかった」と語り、こう続けた。

「僕らのクルマは、いくつかの理想的ではない問題によって、タイヤをうまく使えなかったんだ」

 そこでタイヤが上手く扱えなかった原因として浮上してきたのが、メルセデスが使用している新しい形状のホイールが、アメリカGPでは修正された仕様に変更されていたという情報だ。

2018年F1第18戦アメリカGP決勝レース前のルイス・ハミルトンの右リヤ

 この新形状ホイールはOZ製で、第13戦ベルギーGPから使用され、スポークのホイール中心側には、さらに多くの開口部が設けられ、リムの外周付近には突起のようなものが存在する複雑な形状となっている。

F1第10戦イギリスGPのルイス・ハミルトンの右リヤ

 これによってメルセデスはブレーキの排熱を効果的に行い、その結果、タイヤがオーバーヒートしにくくなったと言われている。

■日曜日のメルセデスに発生したいくつかの問題


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Valenti Japan×花魁/2019TAS
佐南有紀(さなみゆうき)

F1 Photo Ranking

フォトランキング