F1ニュース

2016.09.03

ハミルトンがチームメイトにコンマ4秒差でトップ、跳ね馬とウイリアムズが続く


 2016年F1第14戦イタリアGPは、9月3日にフリー走行3回目が行われた。トップタイムはルイス・ハミルトンが記録、2位ニコ・ロズベルグにコンマ4秒差をつけている。3位、4位にはセバスチャン・ベッテルとキミ・ライコネンのフェラーリ勢が入り、フリー走行すべてでトップ4を2チームが独占している。

 セッション開始時は気温27度、路面33度、天候は晴れ。まずはマノーでデビュー2戦目となるエステバン・オコンがコースインすると、マクラーレンのジェンソン・バトン、レッドブルのダニエル・リカルドと続いていく。初タイム計測はハースのエステバン・グティエレス。開始10分までは、そのグティエレスのチームメイト、ロマン・グロージャンが1分24秒463でトップ。

 そのグロージャンが、ターン8のアスカリシケイン進入時、左側の縁石にタイヤを乗せた際に姿勢を乱して単独スピン。そのままグラベルにマシンを止めてしまいバーチャル・セーフティカー(VSC)が導入される。マシンは無傷だったものの、グロージャンはグラベルからマシンを出すことができなかったため、マーシャルが回収。わずか4周でセッションを終えることになった。 


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES/2019TAS
久保まい(くぼまい)

Photo Ranking

フォトランキング