F1ニュース

2018.11.10

ホンダF1、ブラジル金曜は旧仕様PUでプログラムを消化「12番手は心強い。天候に臨機応変に対応し、予選で好結果を」と田辺TD


F1 | ホンダF1、ブラジル金曜は旧仕様PUでプログラムを消化「12番手は心強い。天候に臨機応変に対応し、予選で好結果を」と田辺TD

 2018年F1ブラジルGPの金曜、レッドブル・トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=15番手/2=12番手、ブレンドン・ハートレーはフリー走行1=18番手/2=19番手だった。

 ふたりはトラブルフリーで両セッションを走行、2台合計で152周を走りこみ、精力的に作業に取り組んだ。最新仕様“スペック3”パワーユニット(PU/エンジン)の走行距離を抑えるため金曜はスペック2を使用したといわれるホンダは、3時間の走行時間においてパワーユニットサイドはスムーズに作業を進めることができたとしている。ガスリーが12番手で初日を終えたことは予選に向けて心強く、予選で天候が崩れても、よい結果をつかめるよう、フレキシブルに対応することを目指すということだ。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
ホンダF1テクニカルディレクター 田辺豊治
 今日はすべて予定どおりにプログラムを消化することができ、スムーズな一日となりました。FP1からFP2にかけてチームはマシンのバランスを改善し、FP2ではガスリーが12番手にポジションを上げることができました。

 明日の予選については、午後にかけて不安定な天候が予想されていますので、状況に応じて臨機応変に対応していければと考えています。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

GORDON/2019TAS
かりん(様)(かりん(さま))

F1 Photo Ranking

フォトランキング