F1ニュース

2016.03.19

Topic:「史上最悪のルール変更」予選フォーマット決定の裏事情


予選が終了するやいなや批判が殺到している新予選フォーマット。今後どのように変更されるのだろうか

 しらけきって、シーンと静まり返るグランドスタンド。1台も通過しないフィニッシュラインに打ち振られるチェッカーフラッグ。これほど何も起きず、先が読めてしまい、つまらない予選が、かつてあっただろうか。セッション後のトップ3会見に出席したルイス・ハミルトンは「最初からこうなるのはわかっていた」と皮肉な笑顔を浮かべながら言及。早々にコクピットを降り、会見にはジーンズに着替えて出てきたセバスチャン・ベッテルも「冬のバルセロナテストで、絶対にやめたほうがいいと僕らは言っていたのにね」と、不満を隠さなかった。

 それだけ事前に危惧する声がありながら、なぜ新予選フォーマットが通ってしまったのか。ニキ・ラウダは決定までの内幕を英国スカイTVのインタビューで、ぶちまけている。F1興行のボス、バーニー・エクレストンが「予選トップ10のドライバーは翌日のレースをリバースグリッドでスタートする」ことを提案したことが発端だというのだ。みんな最初は冗談だろうと聞き流していたが、本人は大まじめに、そして強硬に主張し続けた。これはまずいとFIAレースディレクターのチャーリー・ホワイティングが、ドタバタとまとめた案が新予選方式だったというのだ。

 つまり、不備があることは最初からわかっていたが、バーニー案よりは「まし」ということで進められた。その後、バーニーも当案を了承したことから、もはや取り下げることもできずに進めることになったという。事実とすれば杜撰きわまりなく、F1の人気を左右しかねない重要な決断が、こんなふうに決められてしまったのかと唖然とする他ない。「史上最悪のルール変更だ」と非難するニキ・ラウダにしても、その席では賛成票を投じたのだから、責任は重い。

 いったい今後どうするつもりなのか。マクラーレン・ホンダのレースディレクター、エリック・ブーリエは「F1コミッションのメンバーにメールかファックスを送り、同意が得られれば、数日間で変更は可能だ」と、早急に予選方式を変える可能性を示唆。しかし、十分に満足の行く代替案が短期間のうちに提案できるのか、はなはだ疑問である。いまやF1の舵取りをする人たちは、完全に航路を見失ってしまっているようである。


おすすめの記事

News Ranking

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

26日(Mon)

27日(Tue)

28日(Wed)

29日(Thu)

30日(Fri)

WRC 第10戦フランス

1日(Sat)

WRC 第10戦フランス

ALMS WSCC第12戦プチ・ル・マン

ユーロF3 F3ヨーロッパ選手権 第9戦 イモラ

TCRインターナショナル第10戦セパン

2日(Sun)

F1 第16戦マレーシアGP

WRC 第10戦フランス

ブランパン耐久シリーズ ブランパンGT
第5戦バルセロナ(スプリント)

ユーロF3 F3ヨーロッパ選手権 第9戦 イモラ

世界ラリークロス 第10戦ラトビア