F1ニュース

2016.03.20

ライコネンのマシンから出火、パワーユニットのトラブルか


 オーストラリアGP決勝、赤旗中断からレース再開後まもなく、22周目にフェラーリのキミ・ライコネンにトラブルが発生した。ライコネンは「何か起きた」と無線で伝えてピットに入り、リタイア。エアボックスから出火して燃えだしていたため、すぐに消火が行われた。おそらくパワーユニット関連と見られるトラブルで、フェラーリの1台はレースを終えることになった。


関連のニュース