F1ニュース

2016.03.20

マクラーレン「アロンソは入賞していたはず」/オーストラリアGP日曜


 2016年F1オーストラリアGP決勝で、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソはリタイア、ジェンソン・バトンは14位だった。

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
レーシングディレクター エリック・ブーリエ
 まず初めに、現代F1カーの構造の完全性、そして現代レーストラックの安全面の機能、このふたつを称賛したい。フェルナンドのクラッシュは大きなものだった。彼があれほど大きな衝突をした後にマシンから歩いて出てきたという事実に大きな感銘を受ける。

 彼はアクシデント直後にFIAメディカルセンターを訪れ、担当医師から正式に問題なしとの確認を得た。

 彼はそれまで非常に素晴らしい走りをしていた。あのまま問題なくレースを進めていれば、十分にポイント獲得を果たせたはずだ。

 ジェンソンの話をすると、皮肉にもフェルナンドのアクシデントによるセーフティカーと赤旗が、ジェンソンの戦略に影響し、入賞を目指して走ることができなくなった。今日のレースではタイヤのデグラデーションにも彼は苦しめられていた。

 我々はメルボルンでノーポイントに終わったが、冬の間に進歩したことに勇気づけられている。予選であまり混乱がなく、レースで事故がなければ、今後ポイントを獲得することが可能であると強く確信している。


関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

R'Qs Racing Girls/2017SGT
吉成りえ(よしなりりえ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

19日(Tue)

20日(Wed)

21日(Thu)

22日(Fri)

23日(Sat)

ブランパンGTシリーズ・アジア 第9戦上海

全日本F3 スポーツランドSUGO

24日(Sun)

DTM 第8戦レッドブルリンク

IMSA 第11戦ラグナ・セカ

ブランパンGTシリーズ・アジア 第10戦上海

ELMS 第5戦スパ・フランコルシャン

全日本F3 スポーツランドSUGO

MotoGP 第14戦アラゴンGP

スーパーフォーミュラ 第6戦スポーツランドSUGO

25日(Mon)