F1ニュース

2016.03.20

アロンソとグティエレスの事故は両者“無傷”の裁定に


クラッシュ後、ふたりはマシンから降りてお互いの無事を確認した。

 F1オーストラリアGPのレーススチュワードは、フェルナンド・アロンソとエステバン・グティエレスの接触に対して、ペナルティは科さないという結論に達した。

 アロンソは17周目のターン3のブレーキングでグティエレス車の左側後部に追突、そのままサイドウォールにヒットし、グラベルで数度回転しながらコースアウト。両ドライバーは無事だった。

 スチュワードはレース後、アクシデントについて審議する予定だったが、両ドライバーおよび両チーム関係者と対話、またビデオで検証した結果、「ふたりのドライバーは非難の対象にはならない」という声明を出している。

 アロンソ、グティエレスともに「レーシングアクシデント」という認識で一致しており、「お互い無事だったのが何よりだった」と語っている。

 またアロンソは、グティエレスの急なライン変更、もしくはブレーキングが早かったのではないかという意見を否定している。

「仮にそうだったとしても、予測して対処できていただろう」

「とはいえスリップストリームに入っているときは、前方のマシンのリヤウイングしか見えない。それ以外は視界に入らないんだ」

「僕は彼のスリップストリームに入って、最後の最後でオーバーテイクを試みたけど、ブレーキを踏むのが少し遅かったかもしれないね。そして接触してしまった」

「ふたりとも大丈夫だった。それが一番重要なことだよ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

おすすめの記事

News Ranking

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

26日(Fri)

JRC 第6戦モントレーinつま恋

27日(Sat)

Japanese FIA-F4第11戦 鈴鹿サーキット

JRC 第6戦モントレーinつま恋

28日(Sun)

F1 第13戦ベルギーGP

スーパーGT 第6戦鈴鹿サーキット

Japanese FIA-F4第12戦 鈴鹿サーキット

ブランパン耐久シリーズ ブランパンGT
第4戦ブダペスト(スプリント)

JRC 第6戦モントレーinつま恋

LMS ELMS第4戦ポールリカール

ALMS WSCC第10戦バージニア

TCRインターナショナル第8戦チャン・インターナショナル・サーキット

29日(Mon)

30日(Tue)

31日(Wed)

1日(Thu)