F1ニュース

2016.09.24

ホンダ、2チーム目へのPU供給を見据えて英国F1活動拠点を拡張


 ホンダF1総責任者の長谷川祐介氏は、将来的に複数チームにパワーユニットを提供できるよう、ミルトンキーンズに位置する活動拠点を拡張したことを明らかにした。

 ホンダは、2016年向けにレッドブルが同社製PUの獲得を試みていたことを受け、今後供給先となるチームを増やす考えがあるという。供給先についてはホンダに交渉権があるものの、マクラーレンが利益にならないと判断した場合は、拒否権を行使できるとされている。

ホンダF1総責任者の長谷川氏と話すマクラーレンCEOロン・デニス。2チーム目供給にはマクラーレンの許可が必要だと言われる。
ホンダF1総責任者の長谷川氏と話すマクラーレンCEOロン・デニス。2チーム目供給にはマクラーレンの許可が必要だと言われる。

 ホンダは現在、開発リソースをワークス契約を結ぶマクラーレンに注ぎ込んでいる。しかし、今年の夏に完了したイギリス拠点の拡張は、将来に目を向けるためのものだと推測される。

「(いまは)他のチームに提供できるほどリソースに余裕はないが、そういったマニュファクチャーになっていくべきです。リソースと組織を強化しなければならない。来年の終盤には、他のチームにもエンジンを供給する準備ができたと発表することになるかもしれないので、準備が必要なんです」

「ミルトンキーンズには、すでに大きなファクトリーを新設しました。巨大とまでは言いませんが、十分な広さはある。2チーム目にもエンジンを供給すると決めた場合、エンジニアなどの人材を新たに雇い入れることになるでしょう。十分な数の机を用意してありますよ!」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています