F1ニュース

2016.03.21

ピレリ「戦略的なタイヤバトルが展開された決勝レース」


2016年F1開幕戦オーストラリアGP 決勝レーススタート

2016 オーストラリアグランプリ 決勝
ニコ・ロズベルグ、新タイヤレギュレーションでの開幕戦を制す
上位6名が5種類の異なる戦略を実行
9名のドライバーが3種類のコンパウンドを使用

2016年3月20日、メルボルン
 メルセデスのニコ・ロズベルグが、タイヤレギュレーションが一新された2016年シーズンの開幕戦を制しました。新しいレギュレーションの下では、各レースで3種類のコンパウンドが使用可能で、各チームは、タイヤアロケーション内で各コンパウンドのセット数を選択することができます。18周時点で赤旗中断が発生した決勝で、9名のドライバーが3種類のコンパウンドを使用しました。新レギュレーションの狙い通り、中断後のリスタートで多彩な戦略が展開され、メルセデスとフェラーリは、お互いに正反対の戦略を選択しました。そのような状況下、フィニッシュ時のトップ3は10秒以内の差の中にあり、新タイヤレギュレーション下での接戦を物語っていました。

 ピレリ・モータースポーツ・ダイレクター ポール・ヘンベリーのコメント:
「スタートからフィニッシュまで、戦略的なタイヤバトルが展開されたグランプリとなりましたが、タイヤ交換が可能となった18周時点の赤旗中断によって流れが一変しました。ともに中古のスーパーソフトでスタートしたフェラーリとメルセデスは、第2スティントで正反対の戦略を選択し、メルセデスがレース全体の3分の2の距離をミディアムで走行したのに対してベッテルはソフトでこれを猛追しました。新レギュレーションは戦略に対する数多くのアプローチを可能にさせ、完走した16名中9名が3種類のコンパウンドを使用し、上位6名が5種類の異なる戦略を実行しました。期待通りのトップ争いが行われた一方で、ロマン・グロージャンがピットストップを行うことなく6位に入賞し、ハースのデビュー戦でチームにポイントをもたらしました。グロージャンは、赤旗中断中にソフトからミディアムへ交換する見事な戦略を実行しました。バルテッリ・ボッタスも同様の戦略を採用しました」

Truthometer:
我々の予測した最速戦略は、スーパーソフトでスタート、16周でソフトへ、37周でソフトへ交換する2ストップ戦略でした。ロズベルグは、スーパーソフトでスタート後、12周でソフトへ交換、赤旗中断中にミディアムへ交換して優勝しました。ハミルトンも同様の戦略を実行しました。

コンパウンド毎のラップタイム上位:

ミディアム
1 ロズベルグ 1分30秒557
2 ハミルトン 1分30秒646
3 フェルスタッペン 1分31秒516

ソフト
1 ベッテル 1分30秒137
2 リカルド 1分31秒278
3 ロズベルグ 1分31秒298

スーパーソフト
1 リカルド 1分28秒997
2 ベッテル 1分29秒951
3 ライコネン 1分30秒701

インフォグラフィックスで見る2016 オーストラリアグランプリ決勝
インフォグラフィックスで見る2016 オーストラリアグランプリ決勝

インフォグラフィックスで見る2016 オーストラリアグランプリ決勝
インフォグラフィックスで見る2016 オーストラリアグランプリ決勝


おすすめの記事

News Ranking

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

27日(Sat)

Japanese FIA-F4第11戦 鈴鹿サーキット

JRC 第6戦モントレーinつま恋

28日(Sun)

F1 第13戦ベルギーGP

スーパーGT 第6戦鈴鹿サーキット

Japanese FIA-F4第12戦 鈴鹿サーキット

ブランパン耐久シリーズ ブランパンGT
第4戦ブダペスト(スプリント)

JRC 第6戦モントレーinつま恋

LMS ELMS第4戦ポールリカール

ALMS WSCC第10戦バージニア

TCRインターナショナル第8戦チャン・インターナショナル・サーキット

29日(Mon)

30日(Tue)

31日(Wed)

1日(Thu)

2日(Fri)