F1ニュース

2016.03.23

マクラーレン「アップデート投入で、トップ10入りを目指す」


マクラーレンのエリック・ブーリエは、今後投入されるアップデートにより、上位争いに加われるとの考えを示した。

 マクラーレンのレーシングディレクター、エリック・ブーリエは、クルマは間もなく速くなり、常に予選トップ10を争うことができると確信しているようだ。

 悲惨な2015年シーズンと比べれば大きく進歩したとはいえ、マクラーレンはオーストラリアGPでポイントを獲得するまでには至らなかった。しかし、ブーリエはMP4-31へ加えられるアップデートにより、上位争いに加わることができるとの考えを示した。

「クルマのペースは良かったので、とても勇気づけられた。私たちには、このあとのシーズンを戦っていくための武器もある。いくつか新パーツを用意していて、投入後はコンスタントにQ3へ進出できるようになるはずだ。常にQ3に残るようになれば、ずいぶん状況は変わってくるし、レースでもポイントを争えるだろう」
 
 ブーリエは、フェルナンド・アロンソとジェンソン・バトンがオーストラリアでポイントを取れる可能性はあったと信じている。しかし、アロンソは大きなアクシデントで戦列を去り、バトンも赤旗提示中のタイヤ選択ミスでポイント争いから脱落した。

「あのタイヤ選択は失敗だった。(スーパーソフトは)デグラデーションが思ったよりずっと大きく、グレイニングに悩まされてペースが落ちてしまった」と、ブーリエは言う。

「ミディアムタイヤに履き替えてからは本来のペースを取り戻したが、今度はナッセに前をふさがれて、それ以上挽回することができなかった。こっちのほうがずっと速かったのに、なかなか彼のザウバーを抜けなかったんだ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

おすすめの記事

News Ranking

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
岩瀬香奈(いわせかな)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

3日(Sat)

4日(Sun)

Speed×Sound Trophy(筑波サーキット)

Honda Racing THANKS DAY2016(ツインリンクもてぎ)

5日(Mon)

6日(Tue)

7日(Wed)

8日(Thu)

9日(Fri)