F1ニュース

2016.03.23

ルーキーのパーマー、アロンソのテクニックに舌を巻く


2016年第1戦オーストラリアGPスタート フェルナンド・アロンソ(マクラーレン・ホンダ)とジョリオン・パーマー(ルノー)

 ルノーのジョリオン・パーマーは、デビューレースでフェルナンド・アロンソと初めてのバトルを経験、ベテランのテクニックに感嘆した。

 2014年にGP2チャンピオンを獲得したパーマーは昨年はロータスのリザーブドライバーとしてFP1に13回出場、今年念願のF1デビューを飾った。

 初めてのF1決勝でパーマーは13番グリッドからスタート、11番グリッドのアロンソとサイド・バイ・サイドでポジションを争った。結局オープニングラップを終えた時にはアロンソは10位に上がり、パーマーは13位にとどまっていた。

「(スタート後の)最初の半周、(アロンソと)ホイール・トゥ・ホイールで走った」とパーマーが述べたとMirrorが伝えている

「ターン5でイン側を取って『よし、仕留めたぞ!』と思った。なのに突然彼は僕のイン側に現れたんだ」
「彼は海千山千のしたたかなレーサーなんだね」

 アロンソはその後、エステバン・グティエレスとのバトルの中で大クラッシュを演じてリタイア。パーマーはF1デビュー戦を11位で完走した。

 パーマーは「1年間レースから遠ざかっていたから、他のマシンとのバトルが楽しくて仕方ない。戦いに戻ってくることができて嬉しい。僕にとってはすべてがとてもスムーズに運んだ。なんて楽しい毎日だろう!」ともコメントしている。


おすすめの記事

News Ranking

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
岩瀬香奈(いわせかな)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

3日(Sat)

4日(Sun)

Speed×Sound Trophy(筑波サーキット)

Honda Racing THANKS DAY2016(ツインリンクもてぎ)

5日(Mon)

6日(Tue)

7日(Wed)

8日(Thu)

9日(Fri)