F1ニュース

2016.10.09

F1日本GP鈴鹿はロズベルグが他を寄せ付けず圧勝。スタート失敗のハミルトンは3位に終わる


2016年F1第17戦日本GP ニコ・ロズベルグ(メルセデス)

 10月9日午後2時、日本GP決勝のスタートを迎えた。未明の雨は朝までに上がったが、オフラインのグリッド右側だけがやや湿ったパッチが見られる状態。グリッド上ではメカニックがブロワーで風を当てて乾かす姿もあった。空は雲が覆い気温は21度、路面温度は25度とこの3日間で最も低いコンディション。

 セバスチャン・ベッテルは前戦のペナルティで3グリッド降格、キミ・ライコネンは予選後にギヤボックス交換を行ない5グリッド降格、そして予選17位に終わったジェンソン・バトンはパワーユニットの全交換を決めて最新のスペック3.5に載せ換え最後尾グリッドからスタートすることとなった。

 ポールポジションのニコ・ロズベルグが好スタートを切ったが、2番グリッドのルイス・ハミルトンが出遅れてライコネンの後方8位まで後退し「みんな、ゴメン」と無線でチームに詫びるがエンジニアは「気にするな」と答えた。マックス・フェルスタッペンが2位に浮上し、グリッド上で「リヤブレーキがすごく熱くなっている!」と白煙を上げていたセルジオ・ペレスは好スタートで3位まで上がったが、1周目にダニエル・リカルドを交わしたベッテルが2周目の1コーナーではさらにペレスまで抜いて3位に上がる。

 ハミルトンに「ベッテルがペレスを抜いたから、前のライコネンもヒュルケンベルグを抜くかもしれない」と無線が飛ぶが、その通り6周目にライコネンが攻略したヒュルケンベルグを続いて7周目の1コーナーでパスして7位に上がる。

 2位フェルスタッペンは「全体的にグリップ不足に苦しんでいる」と無線で訴え、3位ベッテルが忍び寄る。ライコネンはデグナーで縁石外の人工芝まではみ出す場面も。10周目になるとフェルスタッペンは「左リヤにかなり苦しんでいる」と無線で訴える。一方ハミルトンには「他車がタイヤに苦しみ始めた。君はこのタイヤをできるだけ長く保たせる必要があることを忘れるな」と指示が飛んだ。


おすすめの記事

News Ranking

本日のレースクイーン

HINO/TAS2017
一瀬優美(いちのせゆうみ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

20日(Fri)

WRC 第1戦モンテカルロ

21日(Sat)

WRC 第1戦モンテカルロ

22日(Sun)

2016-17 AsLMS 第4戦セパン

WRC 第1戦モンテカルロ

23日(Mon)

24日(Tue)

25日(Wed)

26日(Thu)