F1ニュース

2016.03.26

ハミルトン「メルセデスが最優先で改善すべきはスタート」


スタートで大きく出遅れたメルセデス勢

 ルイス・ハミルトンは開幕戦オーストラリアGPでの問題を受けて、メルセデスはスタートの改善に最優先で取り組むべきであると主張する。

 メルボルンのアルバートパーク・サーキットではメルセデスがフロントロウを独占したが、ハミルトンとチームメイトのニコ・ロズベルグは1コーナーでフェラーリのセバスチャン・ベッテルに先行される形となった。ハミルトンはホイールスピンに苦しみ、ロズベルグはスタート自体は良かったものの、グリッドの汚れた側につけていたことが影響したと言う。

 しかしメルセデス・モータースポーツのトップであるトト・ウォルフは、土曜日に行ったスタート練習は「あまり良いものではなかった」としており、レースの展開を考えると「何が起きたかを分析し、詳しく調査する必要がある」と語っている。

 今シーズンからシングルクラッチでのスタートが義務付けられており、これに関してハミルトンは以下のように述べている。
「特に大きな問題はない。最初の段階ではニコと同じようにできていたが、次にクラッチをリリースするところで余計にホイールスピンをしてしまい、そこからリカバーができなかった。それ自体は大きな問題ではない。(オーストラリアGPでの)僕のスタートが素晴らしいものだったとしても、状況は常に変化する。ライバルが常に変化していることは確かだ」

「話し合いをして、(スタートの解決が)最優先事項であることを確認した。フェラーリのスタートは素晴らしいもので、彼らはとても強かった。さらに改善するにはどうするべきかを探っていく」

 先週日曜日、レースでは1コーナー出口で6番手にまで順位を落としたハミルトン。フェルナンド・アロンソとエステバン・グティエレスが絡んだクラッシュによる赤旗後、19周目でのリスタートでは7番手となっていた。結果的にロズベルグが率いる形でメルセデスが1-2でレースを制したが、チームとフェラーリは接戦となっており、フェラーリがリスタートで戦略的なミスを犯したことが決定的な要素になったとハミルトンは考えている。

「僕のペースは非常に良い感触だった。週末を通して僕はトップに立っていたけれど、良いバトルがあることを望んでいる。僕らがはるかに先を行って、5~10秒以上の差をつけるようなレースもあるだろう。けれどもホイール・トゥ・ホイールの接戦になったり、もしかしたらフェラーリが先行するようなレースも、もしかしたら去年より多くあるかもしれない」


おすすめの記事

News Ranking

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

22日(Mon)

23日(Tue)

24日(Wed)

25日(Thu)

JRC 第6戦モントレーinつま恋

26日(Fri)

JRC 第6戦モントレーinつま恋

27日(Sat)

Japanese FIA-F4第11戦 鈴鹿サーキット

JRC 第6戦モントレーinつま恋

28日(Sun)

F1 第13戦ベルギーGP

スーパーGT 第6戦鈴鹿サーキット

Japanese FIA-F4第12戦 鈴鹿サーキット

ブランパン耐久シリーズ ブランパンGT
第4戦ブダペスト(スプリント)

JRC 第6戦モントレーinつま恋

LMS ELMS第4戦ポールリカール

ALMS WSCC第10戦バージニア

TCRインターナショナル第8戦チャン・インターナショナル・サーキット