F1ニュース

2016.03.27

GP topic:イスラム教徒のハリアント、ラマダン月のレースはOKでもシャンパンはNG


実家の文房具メーカー「KIKY」のロゴは、ちゃんとヘルメットにも付いている

 インドネシアから初めて誕生したF1ドライバー、リオ・ハリアント。GP2時代から何度か会ってはあるものの彼のことは、ほとんど知らない。本人に直接インタビューする前に、開幕戦に来ていたインドネシア人ジャーナリストに予備取材してみた。

 まずはインドネシアのモータースポーツ事情から。ラリーとツーリングカーの小さな選手権があるが、4輪レースの裾野は広くない。父シンヨ・ハリアントもラリードライバーで、その影響で幼い時からカートを始めたのだという。シンヨ氏はインドネシア最大の文房具メーカーを経営しており、カート時代から現在に至るまで息子の財政的なサポートも万全だ。ちなみにマノーのマシンについている「KIKY」というロゴが、その文房具メーカーだ。

 このあたりまで聞いたところで、気になっていたことを質問してみた。「もしかしてハリアントはF1初のイスラム教徒ドライバーじゃないのか?」。すると記者は、きょとんとした顔をして「考えたこともなかった」と言う。全国民の90%がイスラム教徒であるインドネシア人にとって、そんなことは珍しくも何ともないのだろう。

「マレーシアのアレックス・ユーンが、もしかしたらイスラム教徒だった?」と聞くと、別のジャーナリストが「いや、彼は違う」と断言。「ユーンのお父さんはイスラム教徒だけど、彼は入信しなかったんだ」と、やたらに詳しい。ということは十中八九、ハリアントが史上初のイスラム教徒F1ドライバーということで間違いなさそうだ。

 イスラム教徒といえば、お祈りやらラマダン(断食月)やら、いろいろレースに支障が出てきそうな風習がある。しかし「大丈夫、問題ない」と最初の記者は言う。

「インドネシアのイスラム教徒は結構“いいかげん”なんだ。僕もビールを飲んだりするしね。その点リオは厳格で、1日5回のお祈りを欠かさない。でもサーキットにいたりして昼間お祈りできないときは、あとでまとめて祈れば良いことになっている。ラマダンも今年は6月で、カナダとアゼルバイジャンがあるよね。さすがにレースを戦いながら、飲まず食わずってわけにはいかない。これもレースが終わってから、まとめてできるんだ」

 なるほど、そういう例外条項があるのですね。あとは表彰台に上がったときのシャンパンだが、「さすがに、それはノンアルコールにしてもらうしかないね」とのことだった。


おすすめの記事

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

24日(Fri)

25日(Sat)

DTM 第7戦ノリスリンク

ブランパン耐久シリーズ ブランパンGT
第3戦ポールリカール(耐久)

ユーロF3 F3ヨーロッパ選手権 第5戦 ノリスリンク

26日(Sun)

MotoGP第8戦 オランダGP

インディカー・シリーズ第10戦ロードアメリカ

WTCC 第7戦ビジャ・レアル(ポルトガル)

ユーロF3 F3ヨーロッパ選手権 第5戦 ノリスリンク

DTM 第8戦ノリスリンク

第94回 パイクスピーク・ヒルクライム

27日(Mon)

28日(Tue)

29日(Wed)

30日(Thu)