F1ニュース

2016.11.03

【正式発表】ウイリアムズ、マッサの後任に18歳ストロールを起用。ボッタスの残留も確定


 ウイリアムズは3日、イギリス グローブの本社で2017年のレースドライバーとしてバルテリ・ボッタスとランス・ストロールの起用を正式に発表した。

 すでにフェリペ・マッサは今季末でのF1引退を表明しており、その後任として育成ドライバーのストロールが起用されること、ボッタスが残留することは、正式発表前から予想されていた。

2016年第18戦アメリカGP バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)
2016年第18戦アメリカGP バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)

 ボッタスはウイリアムズのテストドライバー、リザーブドライバーを経て、2013年にレースドライバーに昇格、今季同チームでの4年目のシーズンを送っている。

 カナダ出身、今年10月29日に18歳になったばかりのストロールは、昨年末、ウイリアムズの若手ドライバー育成プログラムのメンバーとなり、その仕事ぶりでチームに好印象を与え、その後今季のヨーロピアンF3チャンピオンの座に輝いた。ランスの父ローレンス・ストロールは富豪であり、今回の契約はチームにとって財政面での助けにもなるとみられる。

 これで来季ドライバーが確定していないのは、フォース・インディアの1席、ハースの2席、ルノーの1席、ザウバー2席、マノー2席となった。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES/2019TAS
久保まい(くぼまい)

Photo Ranking

フォトランキング