F1ニュース

2016.03.30

リカルド「パワーユニットの本格的改良はカナダGPあたり」


 ダニエル・リカルドによると、レッドブルは今季のF1第7戦カナダGPあたりで、ルノーからアップグレードされたパワーユニットの供給を受ける見込みだという。

 ルノーのエンジンは、プレシーズンテストで投入したアップグレードにより昨年と比べて1周0.5秒ほど速くなり、その後もシーズン開幕戦オーストラリアGPに向けてさらに進歩したと言われている。レッドブルが「TAGホイヤー」のバッジを付けて使用するユニットのパフォーマンス向上を実感できたかという英AUTOSPORTの質問に、リカルドは「確かに感じる。だけど、まだ大幅な前進と言うほどではないね」と答えた。

「何百馬力という桁のパワーがあるエンジンで5馬力とか10馬力とか増えても、それはあまり大きな違いではない。そのくらいではスロットルを全開にしても加速力の向上は体感できないだろう。でも、ストレートの終わりで到達するトップエンドの回転域では、以前よりも良く走るように感じる。つまり、ストレート終盤での『伸び』があるのは間違いない」

「いまのところ、モントリオールの前後になるという話だけど、そのあたりで本格的な改良があるはずだ。今度こそ、ムチ打ちになりそうなイイ感じの加速Gを首で感じるようになるといいんだけどね!」

 レッドブルのチームプリンシパル、クリスチャン・ホーナーも、特にレーストリムでルノーが進歩したのは間違いないと語っている。
「パワーユニットは冬の間に確実に進化した。まだトップとの差は大きいとはいえ、テストでも確認されていたように、特にレースコンディションにおいてパフォーマンスの向上が見られたのはうれしいことだ。こうして正しい方向に進んでいることは、ルノーの開発スタッフにとっても励みになるだろう」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

WedsSport RACING GALS/2017SGT
今井みどり(いまいみどり)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

19日(Sat)

ブランパンGTシリーズ・アジア 第7戦富士

WRC 第10戦ドイツ

20日(Sun)

DTM 第6戦ザントフールト

ブランパンGTシリーズ・アジア 第8戦富士

インディカー・シリーズ 第14戦ポコノ

SBK 第9戦ドイツ

WRC 第10戦ドイツ

スーパーフォーミュラ 第4戦ツインリンクもてぎ

21日(Mon)

22日(Tue)

23日(Wed)

24日(Thu)

25日(Fri)