F1ニュース

2016.12.01

2017年F1カレンダーが正式発表。ドイツGP消滅で全20戦に。日本GPは第16戦


 FIAは11月30日、2017年F1カレンダーを正式に承認した。9月に発表された暫定版から1戦減り、来年は全20戦で行われることが明らかになった。

 FIA世界モータースポーツ評議会会合が開催された後、FIAは決定事項として2017年F1カレンダーを発表した。

 FIAは9月28日に暫定カレンダーを公表していたが、それがいくつかの点で修正された。

 既報のとおりドイツGPがカレンダーから消滅することが確定した。ニュルブルクリンクは財政的に開催が不可能であり、ホッケンハイムも財政的な理由で代わりに開催することができず、これにより今年の史上最多21戦から1戦減り、来年は合計20戦の開催となる。

 アゼルバイジャンでのグランプリは暫定版から1週間遅れの6月25日開催となり、ル・マン24時間レースとのバッティングが避けられた。今年はル・マンと同じ週末に開催され、大きな批判を受けていたにもかかわらず、暫定版では来年もまた日程が重なっていた。しかし今回の最終版では翌週に移動されたことで、ル・マンとはぶつからず、さらにカナダGPとの連戦という、ロジスティクス的に厳しいスケジュールも解消された。また来年は「ヨーロッパGP」ではなく「アゼルバイジャンGP」として開催される。

 アゼルバイジャンの日程変更およびドイツGPキャンセルに伴い、オーストリア、イギリス、ハンガリーがそれぞれ暫定版より1週間後ろにずれ、サマーブレークは当初の予定どおり4週間確保される。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

2018D’stationフレッシュエンジェルズ/2018SGT
宮本りお(みやもとりお)

Photo Ranking

フォトランキング