F1ニュース

2017.01.11

メルセデスF1がパディ・ロウ離脱を正式発表。アリソンが“休暇明け”に技術ボスに就任か


 メルセデスF1チームは、技術担当エグゼクティブディレクターのパディ・ロウがチームを離脱することを正式に発表した。ロウは“ガーデニング休暇”に入ったという。

 ロウの契約は2016年末までであり、延長のための交渉が行われていたが、ロウは離脱するという決断を、クリスマス休暇が終わった後にチームに伝えたといわれている。

 10日、チームはロウがチームを離れること、ガーデニング休暇に入ったことを正式に発表した。

 短期的には他の技術上級メンバー、アルド・コスタ(エンジニアリングディレクター)、マーク・エリス(パフォーマンスディレクター)、ロブ・トーマス(チーフオペレーティングオフィサー)、ジェフ・ウィリフ(テクノロジーディレクター)がテクニカルチームを率いていくということで、後任については言及しておらず、「詳細は追って発表する」という一文で声明は締めくくられている。

 メルセデスはフェラーリの元テクニカルディレクター、ジェームズ・アリソンと契約するものと考えられている。アリソンは昨シーズン途中でフェラーリを離脱、現在ガーデニング休暇中だ。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース