F1ニュース

2017.01.25

MVS代表ジョナサン・パーマー、シルバーストンの買収を断念


 モータースポーツ・ビジョン(MVS)の代表ジョナサン・パーマーは、F1イギリスGPの本拠地であるシルバーストンを買収する気はもうないようだ。

 現ルノーのF1ドライバーであるジョリオンの父親でもあるジョナサン・パーマーは、昨年9月にシルバーストンに対して公式に買収を申し入れていた。

 パーマーは、シルバーストンの買収はすでに計画から外れたが、この決断は最近彼が運営を引き継いだドニントンパークとは関係がないと述べている。

「当初は(シルバーストンに)関心があったけど、我々は既存ビジネスの運営に集中することになった」とパーマーは語った。

「ドニントンパークとの契約は、シルバーストンの代わりではなく、全くの別の話だ。しかし、この先シルバーストンを運営する予定はもうない」

 MSVのポートフォリオであるブランズ・ハッチ、キャドウェルパーク、オウルトンパーク、スネッタートンの4つのサーキットにドニントンパークを加え、パーマーはサーキットの長期的な未来を築くことに焦点を定めている。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

TOYO TIRES/2019TAS
久保まい(くぼまい)

Photo Ranking

フォトランキング