F1ニュース

2017.02.27

トロロッソF1、『W08』との類似に落胆。サインツJr.は「自信につながる」と前向き


 トロロッソF1のテクニカルディレクターを務めるジェームス・キーは、メルセデスの新車と自チームの新車が似通っていることに、落胆している。

 トロロッソの2017年型新車発表会は26日にバルセロナで行われ、これは全チームの中で最も遅い開催となった。『STR12』のフロントサスペンション、サイドポット、ノーズレイアウトは、メルセデス『W08』と似た特徴を持っている。ふたつのマシンの共通点について、キーは次のように語った。

「似たことをしているチームがあることをうれしく思う一方で、これを考えついたのが我々だけではなかったことに、落胆もしている。異なるコンセプトのマシンが多く、多様性があることは非常に明らかだ」

 さらに、メルセデスとトロロッソのデザインが似ていることは、偶然であると強調した。

「メルセデスのマシンを見て『我々と同じフロントサスペンションだ。メルセデス型のフロントサスペンションだと、多くの人が言うだろう』と感じた。ノーズ、サイドポッドの前方部分、それにサイドポッドのボディーワークまでもが似通っているが、完全なる偶然だ」

 チームのドライバーであるカルロス・サインツJr.は、過去3シーズンにわたって優勢を保ってきたメルセデスと、マシンデザインの思想が相似していることを頼もしく思っている。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Valenti Japan×花魁/2019TAS
佐南有紀(さなみゆうき)

F1 Photo Ranking

フォトランキング