F1 ニュース

2017.03.01

ルノーF1、組織再編でイルモアとの関係を終了するもシーズン中のPU性能向上に自信


F1 | ルノーF1、組織再編でイルモアとの関係を終了するもシーズン中のPU性能向上に自信

 ルノーF1のパワーユニット開発プロジェクトでコンサルティングを務めていたマリオ・イリエンが、務めを終了していることが明らかになった。

 イルモアの共同創業者のひとりであるイリエンは、メルセデスを大きく下回っていたルノーのパワーユニットについて、なんとかその差を縮めたいとするレッドブルの要請に応じ、2015年からルノーのV6ハイブリッドターボF1プロジェクトをサポートしていた。

 以来、ルノーのパワーユニット性能は著しく向上し、2016年には新生ルノーワークスチームでテクニカルチーフを務めるボブ・ベルが、フェラーリと「同じかほぼ同等」のレベルになったと発言。旧スペックが開発上限に達したと判断したルノーは、2017年シーズン用に新設計のパワーユニットとERSを発表している。

 ルノースポールのマネジングディレクターであるシリル・アビテブールは、進行中の組織再編においてパワーユニット部門の規模縮小は可能だとしている。一方、エンジンテクニカルディレクターのレミ・タファンは、ルノーがビリーにあるエンジン部門の体制を維持しつつ、下請業者の使用中止を検討していることを明かした。

「我々はビリーで、従業員と下請業者の人員配分を見直した。スタッフを投入し、チームを編成し、必要なら専門知識も導入するということにあらためて集中した。(シャシー部門のある)エンストンでも同じことをしたうえで、さらなる(人員)雇用も行っている」

 イリエンが現在もコンサルタントを務めているかと問うと、「いや、良い協力関係を結んでいたが現在は終了している。前を向いて、新たな一歩を踏み出すときだ」とタファンは答えた。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
鈴木ちひろ(すずきちひろ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング