F1ニュース

2017.03.08

トラブル連発で「マクラーレンF1とホンダ間の緊張が“最大レベル”に」。チームは契約解消は否定


 マクラーレンのレーシングディレクター、エリック・ブーリエは、第2回F1合同テスト初日にパワーユニットに再びトラブルが発生した後、ホンダとの関係において緊張が最大レベルにまで高まっていると述べた。一方で、ホンダとの契約を見直すつもりはないと明言している。

 第1回テストでパワーユニットに2回のトラブルが発生、遅れを取り戻したいマクラーレン・ホンダだったが、今週のテストがスタートした7日午前、ストフェル・バンドーンが走行中、パワーユニットに電気系の問題が見つかった。調査のためにパワーユニットが交換され、夕方にバンドーンはコースに復帰することができ、合計80周を走った。

 この日に使用していたパワーユニットは、先週と同じ仕様のものだった。

 相次ぐトラブルによって開幕前の貴重な走行時間を大幅に失い続けているいま、マクラーレンとホンダの間で緊張はどれぐらい高まっているかという質問を受けたブーリエは、「最大レベルだ」と答えた。

「F1でレースをする以上、いいパフォーマンスを発揮する必要がある。だから当然プレッシャーはとてつもなく大きいし、我々はホンダとの関係において最大限のプレッシャーをかけている。彼らの方も同じだ」

「誤った方向に行くことはできない。我々の方も、ベストのマシンを作り出す必要がある。それはお互いに同じだ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングレースクイーン/2017SGT
柳本絵美(やなぎもとえみ)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

15日(Fri)

16日(Sat)

17日(Sun)

18日(Mon)

19日(Tue)

20日(Wed)

21日(Thu)