F1ニュース

2017.03.09

アロンソ、ホンダF1の“アマチュアのようなトラブル”を批判も「心配なのは信頼性よりもパワーのなさ」


 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソが、2017年型のパワーユニットは「パワーもなく信頼性もない」と言い、いま唯一の懸念はパワーユニットであるとの考えを示した。

 今年のプレシーズンテストではホンダのパワーユニットにトラブルが連発、第2回テスト初日にもパワーユニットが交換された。

 テスト2日目を担当したアロンソは、水漏れのトラブルやプログラムの関係で46周の周回にとどまり、1分23秒041で14人中12位となった。

 苦境から抜け出せずにいるマクラーレン・ホンダの現状について聞かれ、アロンソは「シャシーに関しては、他と比べてそれほどひどく劣っているとは思わない」と語った。

「問題はひとつだけ。パワーユニットだ」

「信頼性がなくパワーもない。ストレートでは(他のマシンより)30km/h遅い。ストレートでは毎回だ」

「すべてのストレートで30km/h遅い状態では、マシンの感触をつかむのは難しい」

「すべていい感じだけど、普通のスピードに達したときに何が起こるのかは分からない」

 4社のパワーユニットを搭載するマシンが8日にスピードトラップで記録した数値は以下のとおりだ。

メルセデス(バルテリ・ボッタス)338.5km/h
レッドブル・ルノー(マックス・フェルスタッペン)331.2km/h
フェラーリ(キミ・ライコネン)327.2km/h
マクラーレン・ホンダ(フェルナンド・アロンソ)312.1km/h


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

News Ranking

本日のレースクイーン

D'stationフレッシュエンジェルズ/2017SGT
森園れん(もりぞのれん)

Photo Ranking

フォトランキング

Weekly Calendar

ウィークリーカレンダー

18日(Fri)

WRC 第10戦ドイツ

19日(Sat)

ブランパンGTシリーズ・アジア 第7戦富士

WRC 第10戦ドイツ

20日(Sun)

DTM 第6戦ザントフールト

ブランパンGTシリーズ・アジア 第8戦富士

インディカー・シリーズ 第14戦ポコノ

SBK 第9戦ドイツ

WRC 第10戦ドイツ

スーパーフォーミュラ 第4戦ツインリンクもてぎ

21日(Mon)

22日(Tue)

23日(Wed)

24日(Thu)